芸能

今田耕司MC番組で“自称食通”芸人の低俗ギャグが「キモすぎる」と批判殺到

20160902imada-2

 深夜番組「今ちゃんの『実は…』」(朝日放送)は今田耕司MCの関西ローカルで、飲食業界から今もっとも注目を集めている番組でもある。関西の大御所グルメライターはこう説明する。

「以前は『水野真紀の魔法のレストランR』(毎日放送)がその地位にありましたが、首を傾げたくなる飲食店ばかりを紹介して地に落ちました。その点、『今ちゃんの』はバーターが少なく、本当に美味しいお店を事前にリサーチして紹介しています。プロデューサーらしき人物が店主に『ぜひ取材させてほしい』と口説き落としている姿も見せ、自分たちの足で探して番組に出演させているので、飲食業界からの評価も驚くほど高くなっています」

 関西のグルメ雑誌「あまから手帖」も編集者らが秘密裏に実食をした上で、取材の是非を判断することで知られている。ところが最近は「今ちゃんの」に先行されるケースが増えてきており、そのリサーチ力に驚嘆する声まで聞かれている。

 だが、肝心の食レポをするシャンプーハットには大ブーイングだというのだ。原因はてつじの「無限」というギャグにある。

「無限とは、食レポ中にウマすぎて骨を幾度もしゃぶったり、スープをスプーンで下品に何度も飲んだりするギャグです。シャンプーハットの2人は面白がっているものの、ひな壇芸人たちはドン引き。番組の品位を下げている逆効果になっています。『キモすぎて見ていられない』『マナー違反』『子どもが同じことをしたら親が真っ先に叱りつける行為』など、批判的な意見が多いようです」(芸能ライター)

 てつじはつけ麺店をプロデュースするほど“自称食通”らしいが、シェフに敬意を持たないギャグには誰も共感しないだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏
4
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」
5
TBS山形純菜アナ「これはスナックのママでは!?」激変メイクに滲み出る「実は闇キャラ」素顔