エンタメ

大ヒット「シン・ゴジラ」を二度見したくなる7つの秘密(1)かつてないゴジラ像に驚愕

20160908r1st

 7月29日の公開から1カ月、映画「シン・ゴジラ」のばく進が止まらない。興行収入は45億円を突破、さらに何度も劇場に足を運ぶ熱狂的なリピーターが続出しているという。なぜ今「ゴジラ」が大ヒットしているのか? 懐かしの過去シリーズとはどこが違うのか? 「新」「真」「神」‥‥映画から見えてくる7つの「シン」を手がかりに「シン・ゴジラ」大ヒットの謎に迫る!

 ゴジラグッズの収集家としても知られる、なべやかん氏が感嘆する。

「今度の映画はいい意味でこれまでのゴジラを壊した作品になっている。物語の流れは1954年公開の初代ゴジラを踏襲しているが、肝心のゴジラはまったくの別物です。初代がオードリー・ヘプバーンなら、『シン・ゴジラ』はレディー・ガガというくらい違う。それでもファンの期待を裏切らないみごとな怪獣映画として成功しています」

 映画のキャッチコピーに「現実〈ニッポン〉対虚構〈ゴジラ〉。」とあるように、物語は実にシンプルだ。

 突如、東京湾に「巨大不明生物」が出現する。政府は水上生物だけに陸に上がれないものと判断するのだが、その意に反して巨大生物は背びれだけ水面から突き出し、大田区呑川を遡り、ついには蒲田市街へ上陸してしまう。

 想定外の事態に政府は後手後手の対応となりながらも、ついには緊急事態を宣言し、自衛隊を出動させて全面対決することに。未知の生物として現れたゴジラと日本人の戦いがCG、特撮を駆使したド迫力の映像で描かれるのだ。

 まず、観客がドギモを抜かれるのが、この最初の上陸シーンである。

「最初に尻尾、次に背びれを見せてからグロテスクな姿で上陸するシーンにやられました。僕は同じく背びれから姿を現す『モスラ対ゴジラ』の登場シーンがいちばん美しいと思っていますが、それを思い起こしたほど」(前出・やかん氏)

 海中から上陸した巨大生物は、ゴジラのイメージを覆すグロテスクな「第2形態」へ変身を遂げるのだ。本作を作り上げた庵野秀明総監督と親交が深い編集者の岸川靖氏も、同場面に二重丸をつける。

「ゴジラ好きの監督ならゴジラのパブリックイメージを壊すことを躊躇してしまうはずです。でも、庵野総監督は特撮好きですが、実は尻尾のある怪獣にはそれほど関心がない。ゴジラの呪縛にかかっていない庵野総監督だから、この不気味なゴジラが実現した。怪獣映画は観て怖いと思うことが大切ですが、その意味ではこの第2形態を見るだけでも十分元を取れますよ」

「ゴジラ99の真実」(小社刊)などの著書を持つ日本一の怪獣博士こと池田憲章氏が、この変態ゴジラについて説明する。

「この第2形態には実在する深海魚『ラブカ』のエラを採用しているようです。後半になると口以外に尻尾や背中のひれからも熱線を放ち、さらに進化し、初めて観た人はひっくり返ると思います。しかし、ゴジラはもともと放射能火炎を吐く時には背中びれが光るので、おもしろいアイデアだと思います。今回のゴジラは着ぐるみではなくCGですが、野村萬斎さんの動きをモーションキャプチャーで取り入れたことにより、死からよみがえって現実に復讐するというゴジラが本来持つ不気味さを吹き込むことに成功しています」

 シン・ゴジラのシンは「進」化のシンか。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡副麻希を圧倒!田中理恵が見せた“ボディ真っ二つ”前屈の貫禄と“色香”
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
手越祐也「芸能活動休止」で「中村倫也に熱視線!」の理由
4
石橋貴明、「スポーツ王」視聴率1桁でピンチもあの業界に参戦で再ブレイクか?
5
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!