芸能

川谷絵音の新恋人報道に太田光とフィフィが意見対立も本音は「どうでもいい」?

20160902kawatani

 8月29日に週刊女性のスクープで発覚した川谷絵音の美女お持ち帰りに関して、真逆の意見が真っ向からぶつかっている。爆笑問題の太田光は30日深夜のラジオ「爆笑問題カーボーイ」にて、「どんだけ責められなきゃならないんだよ」と川谷を擁護。各メディアが川谷の行動を非難する様子について、「完全イジメだよ。魔女狩りだよ」と断罪した。

 その一方で、川谷に対して「社会的制裁を受けるべき」と厳しい言葉を投げつけたのは、ストレートな発言で注目されるエジプト人タレントのフィフィだ。フィフィは「男性の女遊びだけ大目に見られ、女性だけ叩かれるこの風潮気持ち悪すぎるから」とツイート。いまだに不貞相手のベッキーは謹慎を余儀なくされているのに対し、川谷が女遊びにうつつを抜かしていることに疑問を示したのである。

 このように相反する意見が対立している状況について、芸能ライターはこんな見方を示す。

「太田やフィフィの発言は典型的なポジショントーク。川谷を話題にすることで自分の立ち位置を明確にすることができるわけです。だから反対意見をやりこめようという意思はなく、まるで出来レースのようにお互いが言いたいことを言いっぱなしにするだけ。“正直、どうでもいい”が本音でしょう。何を言っても川谷サイドが反論してくることはなく、誰でも好き勝手に川谷について論評できる状況なので、今後も太田やフィフィのように番組を盛り上げるためだけに極端な意見を口にする著名人は続出しそうです」

 世間の評判をよそに川谷は、自身のバンド「ゲスの極み乙女。」の一員として夏フェスに出まくっていた。彼らのライブを観に来るファンがいるうちは、外野で何を言われても聞く耳を持つことはなさそうだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!