芸能

青田典子、25周年記念アルバムリリースに「需要はあるの?」「誰が聴くの?」

20160916aota

 青田典子が歌手活動25周年を記念して、10月26日に新アルバム「blue’s」をリリースすると発表した。青田が作詞を、夫の玉置浩二が作曲を担当する。お騒がせ夫婦のコラボということで早くも注目を集めているが、アルバムそのものには懐疑的な意見が多い。

「玉置が作曲ということでこれは期待できるかもと一瞬思わせるのですが、アルバムのテーマが『究極の愛』だと聞いて誰もがゲンナリしてしまうようです。2人に熱愛自慢をされているような気分になってしまうからでしょう。ネットでは『需要はあるの? どんな人が聴くのか想像がつかない』『青田じゃなくて玉置が歌えばいいのに』という声が出ています」(エンタメ誌記者)

 そもそも青田の「歌手25周年」というのがよくわからないという意見も。青田によれば、C.C.ガールズの別名義であるD.D.GAPSでデビューしてから今年で25周年ということらしい。

「そんなの誰も覚えていませんよ(笑)。ですが、10年前に『バブル青田』名義で『ジーザス』をリリースしていたことなら覚えている人がいるかもしれません。派手なボディコンを身につけてジュリ扇をふりまわして歌い踊る彼女の姿が強烈でした」(前出・エンタメ誌記者)

 ちなみにこの「ジーザス」を作曲、プロデュースしたのは小室哲哉。「歌手としてはイマイチでも男に取り入るのはうまい」なんて意見も聞こえてくるが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手