スポーツ

広島カープ「25年ぶりブッちぎりV」神ってる全裏話(4)「肉食カープ女子」が大増殖

20160922bb

B 今年のカープは毎回満員になるマツダスタジアムの観客に乗せられ、ホームでの勝率がめちゃくちゃ高い。これには客を呼ぶ球団の営業戦略があったんです。その戦略には商社がついているらしいけど、カープ女子ブームも球団が仕掛けたわけではなく、ジワジワと自然発生したら、すかさず企業とタイアップ。そのスポンサー費を使って新幹線代を肩代わりして、関東カープ女子を広島に呼んだりするなど、うまいやり方だった。

A まったくの余談だけど、優勝騒動の裏では「肉食カープ女子」なるものが大増殖しているとか。

D 何だ、それは?

A カープ応援に乗じて男性との「接触」を求める女性カープファンのことです。スタジアムでの歓喜の抱擁はもちろん、応援グループの打ち上げで入った居酒屋でも、積極的に「お持ち帰り」を狙う。男性カープファンからは「試合よりも飲み会メインの女子が増えた気がする」「CS、日本シリーズに向けて、さらに増加が予想される」という声も出ているほどで‥‥。

C それと、カープはとにかく球団グッズの種類が多くて驚く。企業とがんがんタイアップするし、スピード感がすごい。記念のTシャツをすぐ作っては販売する。広島はグッズのほとんどを自前で製造、販売しているから、儲けもハンパない。

A グッズの売り上げだけで、今年は30億円に届くと言われているね。選手の総年俸が25億円前後だから、グッズだけで人件費を賄える。黒田を呼び戻し、次から次へと外国人を獲得できるのも、カープ女子ブームを含む、この営業戦略の成功が理由だよ。何しろ75年以来、ずっと黒字経営の独立採算チームだから。

C でも、優勝をこんなに早く決めてしまうと、試合勘が鈍ってCS、日本シリーズがヤバイんじゃないかという声もありますね。

D いや、それより早くも心配されているのが、来年の話。もし黒田が引退してしまうと、チームの精神的支柱がいなくなって、マエケンが抜けるどころの話ではなくなる。それに次期監督の名前もチラホラ出始めているし。

A 今回の優勝で、その土台を作ったと再評価されている野村前監督の返り咲きが‥‥。

D 結局、鈴木や田中、中崎らを鍛えたのは野村前監督だからね。まあ、彼が目をかけた堂林翔太が、いまだ乗り遅れているのが残念だけど。

A 来年は、たとえBクラスに終わっても緒方監督の解任はないけど、再来年も勝てなかったらどうなるかわからないよね。

B でもカープのことだから、うまく松田オーナーが言論統制をして、問題が起こらないように人事を進めるだろうけど。

<座談会参加者>

A=スポーツ紙デスク B=テレビ局スポーツ報道担当 C=カープ担当記者 D=球界OB

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」