芸能

芸能界、脱いだらスゴい隠れた「大きなバスト」の持ち主60人!タレント・モデル編

20160922bustg

 いつもテレビで見慣れている顔なのに、ふとした瞬間、視線が胸元に釘づけになってしまうことがある。ものすごく得したような僥倖を与えてくれるのは、この女神たちだ。

○ホラン千秋(160センチ B86・W60・H89)

 ショートカットに、かつてキー局の女子アナをめざした知性。それはタレントになっても清潔なままだが、実は水着グラビアも何度かこなしたことがある驚きボディの持ち主。

○サロメ・デ・マート(170センチ 推定87センチ・Dカップ)

 今春よりオンエアされている「オランジーナ」のCMで、自転車に乗って「コマンタレブー」を連発するフランス人の美人先生。白いブラウスの上からも、双丘の高みが歴然。

○池田エライザ(169センチ B85・W59・H88)

 指で唇を尖らせる「エライザポーズ」は、女子の間でも「自撮りの神」として大流行。素肌もきれいなことで知られるが、さらに、スレンダーグラマーであることもお忘れなく。

○市川紗椰(168センチ B85・W55・H82)

 ニュースキャスターとして「ユアタイム」(フジテレビ系)にチャレンジする一方、ランジェリーのCMでは、息を飲むような谷間の美しさを披露。その“ツンデレ感”は、さらなる冒険が望めそう。

○大沢あかね(160センチ B88・W59・H85)

 土曜の午後のひととき、画面に映るのは劇団ひとりの嫁となった大沢あかねの明るい姿。庶民的に見えるが、その胸元に目をやると、そんじゃそこらにはいない特大サイズが!

○大川藍(164センチ B79・W57・H78)

 昨年の10月末に「アイドリング!!!」を卒業し、その後は「JJ」や「ピーチジョン」のモデル、「Going!」のお天気コーナーで大活躍。スレンダーでもDカップは確実。

○西内まりや(170センチ B80・W58・H83)

 モデルから歌手、女優、そしてバラエティまで、今の時代には珍しくマルチな展開が目立つ。ボディもルックスも女の子たちの憧れであるが、男の目にも十分にセクシー。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“飯テロか?”指摘まで!浜崎あゆみ、「超肉感バックショット」にファン騒然
2
サラダやスープで…ナイナイ岡村の「胃袋をつかんだ」意外な相手とは?
3
「めちゃイケ」卒業の三ちゃん、重盛さと美もドン引きした異常すぎる性癖とは?
4
渋谷すばる退所で荒んでいた?錦戸亮が瑛太に中指立てフルボッコ被害が発覚!
5
人気歌手がブチ切れ「スッキリ」出演ボイコット?モデル“自撮り問題”の波紋