芸能

「こち亀」終了を完全無視!香取慎吾がフィナーレに顔を出さなかった理由とは?

20160922katori

 9月17日発売の週刊少年ジャンプで漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が40年にわたる連載を終えた。この号のジャンプは連載陣が両さんを描くなど「こち亀」一色。また社会的にも大きなニュースになり、「こち亀」に関わった人や文化人がコメントを寄せた。

 だが、ドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(TBS系)で主役の両さんを演じたSMAPの香取慎吾は、終了に関してこれといった発言や行動を起こしていない。SMAPの解散騒動も一段落しており、何らかの反応を見せてよさそうなものだが‥‥。

「ドラマが不評だったからでしょう。超大作が久々の実写化ということで大いに期待されましたが、結果は散々。香取のコメディ演技も非難の的になりました。特にドラマでの両さんの決め台詞『ほげええええ』に原作ファンは大ブーイング。ネットでは今でも香取のことを『ほげええええ』を文字った『捕鯨』と呼んでいます。香取には思い出したくもない黒歴史でしょう」(テレビ誌ライター)

「こち亀」サイドが香取のことをよく思っていないことも理由のひとつだ。ドラマ版の両さんは舞台「こち亀」で両さんを演じているラサール石井が務めることになっていたが、ラサール石井では視聴率が取れないと判断した局の意向で香取に変更されたと言われている。

「この変更にラサール石井の両さんが気に入っていた原作者の秋本治先生は難色を示したそうです。『怒ったところを見たことがない』と言われる秋本先生が怒ったのですから、そうとうのことでしょう。それが香取の耳にも入っているのは間違いない。当然、自分を否定された香取は面白くない。だから、『こち亀』終了を無視したのだと思います」(エンタメ誌ライター)

 どうやら香取は過去を水に流すことができない性格のようだ。もし流すことができたら、SMAP解散もなかったかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
2
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
3
【専門計測値で判明】12球団で最も本塁打が出やすい球場は「甲子園の4倍」のココだ!
4
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
5
「元祖SNS炎上妻」騒動もあったけど…広島カープ・小園海斗が4番で成功した「最大の要因」