政治

小池百合子に迫る「5つの壁」(2)東京地検特捜部始動で「豊洲カジノ化」加速

20161013e2nd

 また新たな「闇」が明るみに出た。盛り土問題で大紛糾する豊洲新市場の地下水モニタリング調査で、青果棟がある区画から環境基準の1.4倍の有害物質ベンゼンと、1.9倍のヒ素が検出されたのだ。これで識者が築地市場移転の中止に言及するなど、すでにアサヒ芸能が報じた(9月15日号)豊洲の「カジノ化」がいっそう加速し始めている。

 移転費用が当初の予定を大幅に上回る6000億円弱に膨らみ、違法建築疑惑、謎の地下水や盛り土問題までが次々と浮上。もはや豊洲への市場移転は現実的ではなく、民間に委託する形でカジノを建設し、つぎ込んだ大金を回収する──。

 いわゆる「カジノ議連」の一員である小池氏が視野に入れるのは、そうした計画だ。現に、大手パチンコ機器メーカー「セガサミーホールディングス」と「ユニバーサルエンターテインメント(旧アルゼ)」が合弁会社を作り、カジノ参入を熱望して水面下での接触を開始している。

 そこへさらに追い打ちをかける事態が発生。豊洲市場の建物工事を巡り、3年前に行われた入札に「疑惑」が噴出しているのだ。豊洲問題の暗部に詳しいジャーナリストが明かす。

「最初の入札が不調に終わり、2回目の入札が行われたのですが、どういうわけか、予定価格が60%以上も引き上げられていた。しかも1回目の入札不調後、都幹部が入札予定のゼネコン側にヒアリングを行い、積算価格を聞いていたことが判明しました。結果、複数のゼネコンが予定価格とほぼ同額で受注。その中のあるゼネコンの関係者からは『談合があった』『都サイドからリベートを要求された』との内部告発があったのです。この件で、すでに東京地検特捜部が捜査に動いているようです」

 安全どころか、ずさん、疑惑にまみれた豊洲の地に対し、

「行き着く先はカジノ建設。もう豊洲に市場などできないことは小池氏もわかっています。しかし、いきなり今、発表するわけにはいかない。専門家を使い、豊洲が市場に向いていないことを裏付け、正当化するデータを収集しています。同時に議会でもさまざまな証人を呼んで説明させ、順序立ててコトを進めるつもりでいます」(都庁スタッフ)

 これに伴い、現在の築地市場を新しく建て直すことになるが、事情を知る自民党議員はこう話す。

「建て直している間、一時的に晴海地区へ市場を移転し、また戻すことも考えられます」

 豊洲市場の建設を請け負ったゼネコンの関係者は、

「カジノもウチが担当しますから」

 と話しているといい、

「すでに『豊洲カジノ化』が伝わっているようです」(前出・ジャーナリスト)

 今国会の焦点はTPP問題にあり、「カジノ法案」が審議、可決されるかどうかには不確定要素があるが、

「小池氏と親しく、カジノ推進派の自民党・二階俊博幹事長(77)が『ぜひやりたい』と積極的ですから」(政治部デスク)

「Xデー」は近づいている。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”