社会

怪しい「迷惑メール」返信やり取りの“衝撃結末”!(2)プロフィール写真に老婆の姿

20161013y2nd

 迷惑メールの中には、いかがわしい通信販売ページに誘うものも多い。

「以前、多かったのが『コピーブランド品を購入しませんか?』というもの。ただ、偽ブランドが警察などに摘発されたことを受け、その後『BS/CS見放題今話題のカードが価格破壊!!』などのタイトルで誘うものが多くなった。もちろん、ICカードを不正に改竄して有料放送を無料で視聴することは違法行為。そこでサイトをくまなく見てみると、本来、特定商取引法に基づいて記載が義務づけられている運営先の住所がない。さらに、業者名すら書かれていない。で、最後に記された、会社名につながりそうなアルファベット表記を頼りにあらゆる言語で翻訳をかけると、ベトナム語でようやく『北京』という訳が出てきた。つまり、中国人が運営するベトナムのサイトだった可能性が高いというわけです」

 また、通販にはアダルト系の商品サイトに誘うメールも多い。ある日、多田氏のもと〈非モテ系男性専用!!ワンプッシュに限界値のオスモフェロンを究極配合!これを女性が吸引することで恋愛脳に変貌!〉というタイトルのメールが。URLをクリックすると、裸の男が立ったまま、片足を上げた女を抱きかかえる、シルエット写真が出てきた。

「メールにはキャバクラ嬢や風俗嬢100人が選んだ香りとあり、もっともらしいモニターの声が多数、掲載されていました」

 香水は30ミリリットルの小瓶で3500円。注文し届いた香水をワンプッシュ、仕事の打ち合わせに出かけると、

「相手の方から『昭和初期のトイレの臭いですね。観光地のトイレを使っている気分になります』と辛辣なコメントをいただき‥‥。もちろん女性から言い寄られるなんてことはありませんでしたね(笑)」

 さて、やはり迷惑メールで段トツに多いのは出会い系である。多田氏にも連日、

〈玉袋を洗濯バサミに挟みたい痴女〉〈濡らしまくっている発情牝豚〉〈熱い巨根を求めています!!〉といったタイトルのメールが届いたが、

「この種のメールの差出人はたいがい、人妻や若い女性という設定。ところがある時、僕の想像をはるかに超える人物からのメールが届いたんです」

 それが「M」と名乗る90歳の女性からだった。

「メールのタイトルは『命には限りがある‥‥その限りが目の前に迫っています』。そこでURLをクリックすると、ある出会い系サイトに飛んで、そのプロフィール写真には老婆の姿がアップされていたんです」

 老婆は夫と死別したのか独身で、メッセージには「身寄りのない老人ですが、もしよろしければ話し相手になってくださいね」とある。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】