芸能

「PPAP」「アモーレ」は当確で「ゲス」はアウト!?流行語大賞の境界線

20161017ryuukougo

 謎のシンガーソングライター、ピコ太郎が自身のツイッターでデビュー曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」がユーチューブで週間再生回数ランキング(9月30日~10月6日集計)世界一になったことを発表した。

 日本の芸能界を飛び越えて、一躍世界的なブレイクを果たしたピコ太郎。毎年年末に発表される流行語大賞に、この「PPAP」がノミネートされることは間違いないだろう。

「今年は年初から芸能ニュースが盛り上がり、様々な流行語が生まれました。ベッキーと『ゲスの極み乙女。』川谷絵音の不貞騒動では『ゲス』『センテンススプリング』『文春砲』などの言葉が使われ、オリエンタルラジオの『パーフェクト・ヒューマン』が大人気に。大相撲初場所で初優勝した琴奨菊の『琴バウアー』も話題になりました。ほかにもサッカー、長友佑都選手が恋人の平愛梨に向けた『アモーレ』、DAIGOが北川景子に送った言葉『KSK(結婚してください)』、世界的なブームとなった『ポケモンGO』なども候補となるのではないでしょうか」(芸能ライター)

 しかし、流行れば何でも流行語大賞にノミネートされるというものでもない。

「09年、酒井法子が薬物で逮捕された際に『あぶり』という言葉が知れ渡りましたが、賞を顕彰するという主旨から外れるということでノミネートされなかったと、選考委員のやくみつる氏が過去に語っています。だとすれば『ゲス』のほか、『野球賭博』『盛り土』『第三者の目』など、話題になっても受賞者が登壇しにくいワードはノミネートされないかもしれませんね」(週刊誌記者)

 今年も残すところあと2カ月余り。今年を象徴する流行語は果たして?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手