事件

親分紳助が抱いた芸能界の「愛人」たち(2)けっして相容れなかった「同期の親友」

「さんまの元カノを喰って“兄弟”になった」
「一瞬でも、半年くらいはてっぺんに登りましたので、悔いはありません。僕がてっぺんにいるのを親友のさんまが確認してくれました」──引退会見で紳助はこう豪語した。ところが親友であるはずの2人は、ことごとく生き方が相違していたようだ。

 明石家さんま(56)がこの騒動について公共の電波でようやく口を開いたのは、紳助が引退会見をした4日後。関西ローカルのラジオ番組で、こう切り出した。
「本人からは連絡もらってません。会見でも『親友のさんまが』と言ってくれましたけど、大事な話は一切しないんですよ」
 そして、さんまが紳助の後塵を拝していたかのような先の発言に関しても、そんな事実はなかったとでも言わんばかりに語られることはなかった。
 2人がデビューしたのは、ともに74年。以来、同期としてお互いの苦楽は知り尽くしている。
「とはいっても、私生活で紳助とさんまがつるむようなことはない。まして仕事での共演も年1回あればいいほうで、37年の間には、12年間もテレビで顔を合わせることがない空白の期間さえありました」(ベテランのテレビ関係者)
 さんまを知るお笑い関係者が言う。
「さんまさんは、紳助さんの引退劇を冷ややかに見ていたと思います。さんまさんは芸人のヤクザ交遊にとかく厳しい人。飲みの席にヤクザを絡ませるようなことは皆無で、後輩芸人たちにも『芸人の人生にヤクザを絡ませる必要はない』と説いていたほどです」
 それだけではない。さんまと紳助には、相容れない部分が多すぎるのだ。
「さんまは仕事に遅刻しようが平気なんですが、紳助は定刻の30分.1時間前にはスタンバイしている。これについてさんまは、『お前は小心者だから、そうするんや』と揶揄していたことがあります」
 こう話す、バラエティ番組に出入りする放送作家は、2人の最大の反目理由はお金に対する執着心だと語り、こう続けた。
「6年前、深夜番組で2人が共演した際、紳助が『吉本興業で、お前がほとんどギャラ持ってってる』『お前のギャラが間違えて振り込まれた時はビックリしたわ』などと、あまりに『カネ、カネ』と発言し、半ば口論になったことがある」
 番組でさんまは、
「何でやねん。お前のほうが儲けてる。本数、お前のが多いねん」
 とやり返す。紳助はさんまを指して、
「お金、興味ないねん、全然。お金のためにやってへんもんな」
 と、お笑いに対する情熱では負けたとも取れる発言すら、していた。
 そんな2人には女性絡みのトラブルまであった。
「若い頃のさんまが、交際していた彼女に対してヒドイ振り方をした。するとさんまの元カノが紳助に泣きついたんです。泣きじゃくる彼女の相談に乗る振りをして、紳助はなんと口説き落としてしまった。のちに『さんまと兄弟や』と吹聴して笑っていましたよ」(前出・放送作家)
 かつて伝説の番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)でさんまの女醜聞を公表し「さんちゃん、寒い」などと辱めていた紳助だが、まさか自身がお寒い結末を迎えるとは‥‥。
「お涙頂戴」が好きだった紳助が本当に泣いている一方で、さんまが高笑いをしているのだろうか。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!