社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「不安を覚える体のしびれの基礎知識。手のしびれを感じたら脳梗塞を疑え」

20161103o

「寝起きに手がしびれました。何か病気でしょうか?」

 顔を真っ青にして訪ねてきた患者さんがいました。ここで質問です。手のしびれと足のしびれは、どちらが命に関わるでしょう。

 しびれにはいくつか種類があります。大きく分けると、正座をした時や手枕を長時間した際の「感覚障害」と、脳関連の症状の際に見られる「麻痺=運動障害」があります。前者は誰にでも起こることで心配無用ですが、後者のように「筋肉が動かない、力が入らない」というしびれは、手でも足でも、脳の病気からきている可能性があります。

 もう一つ「神経がびりびりする」「触った感覚がおかしい」というしびれは、脳ではなく脊椎が原因の可能性があり、脳が原因であるしびれほど怖くはありません。

 主に手のしびれの原因は脳や首周辺が原因です。呼吸器や心臓に影響することもあり、命の危険性が生じます。対して、足のしびれは腰周辺にあり、最悪の場合は足を切断したり歩けなくなりますが、命に関わるほどではありません。

 言うなれば「下半身麻痺と全身麻痺のどちらが怖いか」という話で、しびれの発生個所で言えば、足より手のほうが怖いと言えます。

 手のしびれで考えられる病気はいくつかあります。脳の動脈が詰まることで脳内の血の流れが悪くなる一過性脳虚血発作は、短時間でしびれや麻痺が消えますが、手足のしびれで怖いのは脳梗塞や脳出血です。酸素不足により脳細胞が死んでしまい、右半身や左半身を麻痺させる脳梗塞は、血液が足りなくなって3時間から5時間すると、治療しても脳細胞が回復しませんので、箸やペンを落としてしまう、片方だけしびれて呂律が回らなくなるなど「おかしい」と感じたら即座に救急車を呼んでください。

 脊髄腫瘍でも手はしびれます。こちらは首、背中、腰のどこかに腫瘍ができたことで感じる、じんじんとしたしびれや麻痺であり、症状を感じた場合、脳神経外科でMRI検査などを早めに受けてください。

 この他、椎間板の機能が衰えた結果、椎骨がこすれてすり減ったり、頸椎が変形することがあります。こちらも手のしびれを感じます。代表的な症例が「椎間板ヘルニア」であり、こちらは整形外科を受診することになります。他には末梢神経の圧迫によるしびれや触感がなくなる感覚異常があり、こちらも受診は整形外科となります。

 また、しびれが両手や両足に起こる場合、全身的な内科疾患や多発性末梢神経障害など特殊な病気であるケースが多く、神経内科の受診となります。

 感度で言えば、手はものすごく敏感なのに対して足はかなり鈍感です。早期発見という意味でも手のしびれはわかりやすく、右半身麻痺の初期である場合、足よりも手のほうでわかることが多く、調べたら脳梗塞や脳腫瘍だった、というケースは少なくありません。対して足のしびれはたいてい、脊柱管狭窄症か坐骨神経痛です。糖尿病による血糖コントロール不良によるしびれ、膠原病により神経障害もありますが、命に関わるという点で、手ほどではありません。

 脳梗塞などで足がしびれる場合、手のしびれはすでに悪くなっている可能性が高く、初期発見という意味でも手のほうが大事です。

 しびれが長く続いたり、しびれる範囲が広かったり、手足がこわばる、全身に広がっていると感じたら黄信号。正座などで感じるしびれと異質である場合、早めに病院へ行ってください。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然