芸能

元日テレ・敏腕プロデューサーが明かす「3年連続視聴率3冠の秘密」(7)局内精鋭がしのぎを削る!

20161110m3rd

 ここで、あらためて考えてみる──日本テレビはなぜ強いのか? 私は、その理由の一つを「24時間テレビ」にあると考える。「24時間テレビ」は78年から始まり8月下旬に放送されるが、毎年賛否両論が巻き起こる。今年は裏番組で放映された「バリバラ」(NHKEテレ)が、ある言葉で批判することとなった。

 だが、この大型番組の存在が、日本テレビの番組制作力を高めていることは間違いない。

 実は「24時間テレビ」制作の中心となる、「総合演出」は毎回変わっている。ある年は「世界の果てまでイッテQ!」の担当者が、その翌年は「行列のできる法律相談所」の担当者といった感じだ。

 もちろん「24時間」の総合演出は、誰にでもできるものではない。レギュラー番組で高視聴率を獲得して、実力を認められた者だけが総合演出に指名されるのだ。

 例年8月の放送を終えてからほどない時期に、経営幹部から翌年の担当者が任命される。私は04年の「24時間」で総合演出を担当したのだが、当時の萩原社長から、

「来年はアナタが担当です」

 と伝えられたのは、03年の9月だったと記憶している。来年17年の担当者も、現時点で、すでに決まっているということである。

「24時間」では総合演出の下に、「演出」という肩書で5名ほどのディレクターが集められて、番組の中核スタッフとなる。しかも下につく「演出担当」も、ふだんはゴールデンタイムや帯番組などでは、みずからが総合演出として番組を引っ張る精鋭ぞろいだ。

 日頃はお互い競い合うライバルでもあるのだが、「24時間」に関しては、その年の総合演出をもり立てて、番組の成功に向けて一致団結する。演出の人間はそれぞれ「中継でのチャレンジ」「マラソン」「武道館での企画」「メインパーソナリティの企画」「ネット局企画」などを分担する。総合演出が意図する方向性を意識しながら、責任を持ってコーナーを作り上げていくのである。

 任命後、年明けくらいまでにはメンバーが招集されて、コアメンバーによる会議が始まる。それから8月末の本番まで半年以上、メンバーは通常の番組や特番を作りながら「24時間」を作るのだ。

 精鋭ゆえに、それぞれが独自の「作風」や「演出論」を持っているが、「24時間」では総合演出のやりたい演出を尊重する。その制作過程で、自分とは違う「演出」に触れることができるのだ。

 私自身、総合演出になるまでに99年から4回「演出」を担当した。毎回、当時のヒット番組「とんねるずの生ダラ」「伊東家の食卓」「ズームイン」「笑ってコラえて!」などを手がけていた、総合演出の諸先輩から多くのことを学ばせていただいたものだ。迎える8月の本番では、演出陣はそれぞれ武道館や日テレ本社のサブコン(副調整室)に陣取り、深夜に軽く仮眠を取る以外ほぼぶっ通しで生放送に挑むのである。

村上和彦:(株)プラチナクリエイツ代表。65年生まれ、神奈川県小田原市出身。元日本テレビ放送網制作局専門部長兼演出家・テレビプロデューサー。「ヒルナンデス!」を立ち上げ、「『笑っていいとも!』を終了させた男」として知られる。「スッキリ!!」の視聴率アップや、「24時間テレビ」ほかを総合演出。14年に日本テレビを退職し、フリーランスに転向。現在もテレビ東京「モーニングチャージ」監修ほか番組制作を行っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」