芸能

木村拓哉 「ソロ活動」イメチェンに躍起でも“スポンサー離れ深刻化”で猛逆風

20161117z2nd

 年内いっぱいで解散するSMAPメンバー5人の中で唯一の“勝ち組”と思われたキムタクが、実は危うい立場に置かれているという。

「他の4人と元チーフマネージャーを切り捨て、事務所にすり寄っていることが流布されてから大幅にイメージダウンしていますね。石原軍団の炊き出しに参加するなど過度なイメージアップを図りましたが、かえって逆効果でした」(女性誌記者)

 とはいえ、めったやたらな事務所のバックアップで仕事は順調に見える。来年1月にはTBS系で初の医師役に挑む主演ドラマ「零に挑む(仮)」がスタート。GWの4月29日からは、不死身の剣士を演じる主演映画「無限の住人」(ワーナー・ブラザース)が公開される。その先も、10月クールのフジテレビの月9ドラマで主演が決定しているという情報まであるほどだ。

「事務所は、キムタクにバンバン仕事を入れ、ソロ活動を盛んに行うことで、早くSMAPのイメージを払拭しようと躍起なんです。他の4人と差をつけるためにも、売り出し中のタレント並みに、これまであまり出演しなかったバラエティやトーク番組にも積極的に出演することになるでしょう」(スポーツ紙芸能デスク)

 が、イメージアップどころか、ここに来て深刻なスポンサー離れが進んでいるというのである。

「『台湾観光局』は10月に契約更新を迎えたが、更新されず、長年出演してきた『タマホーム』も別のタレントが出演するCMに切り替えられている。まだ契約をしている企業もありますが、世間の反応を見た企業側がキムタク出演のCMを流すのを自粛しているといいます。ソロになったとしても、今後、新規のCM契約が増えるとは思えず、SMAP時代ほど稼ぐのは難しそう。あらためてSMAPという看板の重さに気づかされることになりそうです」(広告代理店関係者)

「SMAPの命運を決めてしまった裏切り」の代償はあまりにも大きすぎたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?