芸能

天才テリー伊藤対談「安枝瞳」(1)学生時代は恋よりだんじり祭に夢中

20161117p

●ゲスト:安枝瞳(やすえだ・ひとみ) 1988年、大阪府生まれ。20歳の時からイベントコンパニオン・モデルとしての活動をスタート。2010年、「大阪オートメッセ」に参加していた際にスカウトされ、現在の事務所に所属する。2011年、スーパー耐久レースの13代イメージガールユニット「S*CREW(エス・クルー)」に選ばれたのを機に上京。キャプテンを務める。2014年、同グループは活動を終了するが、その間にグラドルとして活動を開始すると、ムッチリ太腿と美尻を武器に大ブレイク。今までに2冊の写真集と13枚のイメージDVDを発売している。2015年にはアイドルDVDメーカーが選ぶ「プロが選ぶアイドルDVD賞」のMVPにも選ばれた。来月、14枚目となる最新DVDを発売予定。2017年カレンダーがトライエックスより発売中。バンド活動、ラジオMCなど多岐にわたり活躍中。

 魅惑的なヒップをトレードマークにしたレースクイーン、グラビアアイドルとして、現在、雑誌やテレビで人気急上昇中の安枝瞳。そのセクシーなボディはもちろんのこと、「実は人見知り」という言葉が信じられない関西ノリの絶妙なトークに、天才テリーも太鼓判を押した!

テリー 雑誌の表紙やグラビアでよく見てるよ。生まれは大阪なんだ?

安枝 そうです。23歳の時に上京してきました。

テリー そうか、けっこう向こうにいたんだなぁ。じゃあ、完全に関西ノリだ?

安枝 そうかもしれないです。よく「しゃべり方が大阪のおばちゃんみたい」って言われちゃうので(笑)

テリー あ、ヤンキーだったんだろう?

安枝 いえいえ、“ちょいヤンキー”ぐらいで。茶髪にしてただけです。

テリー またまた、学生時代はさぞかしヤンチャしてたんじゃないの?

安枝 アハハ、そんなことないです。うちの地元はだんじり祭が有名で、学生時代は山車を引くのがとにかく楽しくて。

テリー あれ、ニュース映像で見ると山車が倒れたり、電柱に引っ掛かったりして、すごい迫力だよな。あんなところで暴れてたんだ?

安枝 綱を持ったら人格が変わっちゃうタイプなんです(笑)。

テリー だんじり祭って、いつやってるんだっけ?

安枝 有名なのは岸和田の9月ですけど、私が住んでいた地域は10月の体育の日とかにやってました。お祭は3日間なんですけど、実は7月ぐらいから集まって準備をしているんです。

テリー え、3カ月も前から? 何をやってるの?

安枝 30人ぐらいで、2トントラックを引っ張ったりしているんです。

テリー ハハハ、トラック引っ張るって、昭和の外国人レスラーじゃないんだから(笑)。あ、もしかして本物の山車は大事なものだから、祭りの日しか出しちゃいけないんだな?

安枝 そうなんです。山車を引きながら角を曲がるのを「やりまわし」っていうんですけど、どうすればスピードを落とさずに曲がれるかをみんなで相談したり、練習するんです。

テリー でもさ、2トントラックと山車だと‥‥。

安枝 山車は4トンぐらいあるので、重さは全然違いますね。しかも車輪が木製なので、雨が降ったりしたらもう全然動かないんですよ。その大変さが、なかなかわかってもらえなくて。

テリー いや、俺もわかんないけど(笑)、でも、それが瞳ちゃんの青春だったんだな。

安枝 そうです、めちゃくちゃ楽しかったんです。

テリー そんな環境だと、瞳ちゃんはかわいいから、さぞかしモテたでしょう?

安枝 いやあ、そういう場だから確かに男の子はいっぱいいましたけど、全然モテなかったですよ。

テリー ウソつけ! そんな状況でモテないなんて、ありえないだろう。

安枝 ないです、ないです(笑)。仮に誘われたとしても、当時はお断りしていましたね。私にとっては男の子とつきあうよりも、だんじり祭を盛り上げるほうが大事なことだったんです。

テリー 何だよ、もったいないな。だんじりは瞳ちゃんを抱いてくれないんだよ?(笑)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」