芸能

「ものまね合戦」「ピース綾部の渡米危機」…トランプ大統領にざわつくお笑い界

20161117ayabe

 11月9日の大統領選で勝利を収めたドナルド・ジョン・トランプ氏。全米各地で抗議デモが起きている最中、日本の芸能界でも大きな波紋を呼んでいる。

「芸人の間ではトランプの“ものまね合戦”が起こっています。新たな米大統領が誕生したことによって、一山当てようというわけです」(テレビ局関係者)

 まずは、オバマ大統領のモノマネで知られるデンジャラスのノッチだ。彼はさっそくトランプのものまねをするために、金髪のかつらを購入したことをブログで報告。「オバマさんから、トランプ氏へチェンジする準備は出来ました。後は、似ているかどうか…」と語った。

 また、ますだおかだの岡田圭右は、10日放送の「PON!」(日本テレビ)で「トランプさんが決まったことによって、各お笑い事務所にトランプ芸人が続々出てきている。ここからもう一つの選挙が始まる」とコメント。事実、共演した椿鬼奴によると、レイザーラモンRGを挙げて「吉本はRGさんが一歩リードしている」と宣言。また、ワタナベエンターテイメントのビビる大木は「ゴルゴさんとか(ものまねを)やらないですかね」と事務所の先輩を推した。

 そんななか、トランプ当選によりとんだとばっちりを受けた芸人もいる。

「11日に放送されたラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』では、設楽統がピース綾部祐二が予定していた渡米の計画を見直していることを明かしていました」(女性誌記者)

 綾部は10月18日にハリウッド・スターを目指してアメリカへ移住すべく、緊急記者会見を開いていた。しかし、トランプが他国からの移民に強い懸念を示していることに不安を感じていると、設楽に話していたという。

「トランプが当選したことにより、綾部の心配は現実味を帯びてきています。綾部は『記者会見まで開いたのに行けなくなったら、すげぇかっこ悪い』と設楽に話していたようです。しかし、そうなってしまったら、綾部は再び記者会見を開くと豪語しています」(前出・女性誌記者)

 全米のみならず、世界を揺るがせたアメリカ大統領選。お笑い界の余波は、当分の間続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”
3
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
4
ドーンと飛び出しそう!?加護亜依、最新動画で魅せたお椀バストの激ヤバ迫力
5
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象