芸能

ファンキー加藤が流行語大賞候補に名前がないのは謝罪対応が良かった証拠?

20161116funkykato

 年末が近づき、多くのメディアが流行語大賞の予想を発表し始めている。そのなかに川谷絵音の「ゲス不貞」や高畑裕太の「示談」、ベッキーの「センテンススプリング」やショーンKの「経歴詐称」といった言葉が並んでいるなか、世間を騒がせたあの人がなぜか見当たらないというのだ。芸能ライターが首をひねる。

「6月にダブル不貞が発覚したファンキー加藤に関わる単語が見つからないのです。加藤の一件は当時、相当な騒ぎになったのは記憶に新しいところ。ただでさえ川谷&ベッキーの一件で不貞への注目が高まっていたところに、『ダブル』という新しい概念を持ち込んだ斬新な話題でしたからね。それが選外になっているのが不思議でなりません」

 ただ今になってみると、当時はあれほどホットな話題だったにもかかわらず、あまり記憶に残っていないように思えるのは気のせいだろうか。その理由を週刊誌の記者は、トラブル対応の成功例だと指摘する。

「不貞にしろ経歴詐称にしろ、世間を騒がせる一件が後をひく理由は、当事者のマズい対応にあります。それこそベッキーが質問NGの記者会見を開いたのが好例です。それに対して加藤は大勢の記者を相手に会見を開き、『女性として魅力を感じた、僕から声をかけた』などとバカ正直に答え、潔さを印象付けました。不貞発覚直後の始球式では四方に向けて深々と頭を下げ、反省の意を示しています。これだけ真摯に謝罪すれば、世間も『もういいか』となるわけですね」

 しかも加藤の場合、不貞相手は加藤の子供を産んでおり、当事者同士では事態が解決した様子も伝わってくる。芸能人や著名人たちは今後、なんらかのトラブルを起こしてしまった場合にはぜひ、加藤の対応を見習ってみるべきかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚