芸能

ファンキー加藤が流行語大賞候補に名前がないのは謝罪対応が良かった証拠?

20161116funkykato

 年末が近づき、多くのメディアが流行語大賞の予想を発表し始めている。そのなかに川谷絵音の「ゲス不貞」や高畑裕太の「示談」、ベッキーの「センテンススプリング」やショーンKの「経歴詐称」といった言葉が並んでいるなか、世間を騒がせたあの人がなぜか見当たらないというのだ。芸能ライターが首をひねる。

「6月にダブル不貞が発覚したファンキー加藤に関わる単語が見つからないのです。加藤の一件は当時、相当な騒ぎになったのは記憶に新しいところ。ただでさえ川谷&ベッキーの一件で不貞への注目が高まっていたところに、『ダブル』という新しい概念を持ち込んだ斬新な話題でしたからね。それが選外になっているのが不思議でなりません」

 ただ今になってみると、当時はあれほどホットな話題だったにもかかわらず、あまり記憶に残っていないように思えるのは気のせいだろうか。その理由を週刊誌の記者は、トラブル対応の成功例だと指摘する。

「不貞にしろ経歴詐称にしろ、世間を騒がせる一件が後をひく理由は、当事者のマズい対応にあります。それこそベッキーが質問NGの記者会見を開いたのが好例です。それに対して加藤は大勢の記者を相手に会見を開き、『女性として魅力を感じた、僕から声をかけた』などとバカ正直に答え、潔さを印象付けました。不貞発覚直後の始球式では四方に向けて深々と頭を下げ、反省の意を示しています。これだけ真摯に謝罪すれば、世間も『もういいか』となるわけですね」

 しかも加藤の場合、不貞相手は加藤の子供を産んでおり、当事者同士では事態が解決した様子も伝わってくる。芸能人や著名人たちは今後、なんらかのトラブルを起こしてしまった場合にはぜひ、加藤の対応を見習ってみるべきかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?