スポーツ

プロ野球「FA・トレード」裏切りと皮算用のマル秘交渉現場!(1)補強に躍起な高橋監督率いる巨人だが…

20161124t

 いよいよプロ野球は、来季に向けた補強の戦いが本格化している。宣言残留を除いたFA権行使は、いずれもチームを代表する大物選手5人だ。札束を積み上げるだけでは通じない、一癖も二癖もあるマル秘交渉現場の裏側を明らかにする!

 V逸した巨人は投手陣の再建に躍起だ。今季シーズンを通じてローテに定着したのは菅野智之(27)と田口麗斗(21)のみ。即戦力投手獲得が急務な巨人は11月2日、日本ハムの吉川光夫(28)、石川慎吾(23)をトレードで獲得した。吉川は12年にキャリアハイの14勝を上げ、今季までローテの一角を担ってきた。

「編成はすでに層の薄い左の先発として期待し、10勝はできるとソロバンをはじいていますが、好調が長続きしなかったように、メンタルの弱さが懸念されます。栗山英樹監督(55)だからこそ、入団から芽が出なかった吉川を再生させることに成功したんです。采配面、投手起用でそれぞれ力になれなかった村田真一ヘッドコーチ(52)、尾花高夫投手コーチ(59)を残留させ、自分が動かなくて済むような環境を望んでいる高橋由伸監督(41)の下で、はたして高望みするのはいかがなものか。球団内からも『過剰に期待して大丈夫か』との声が出ている」(球団関係者)

 しかも巨人が放出したのは大田泰示(26)と公文克彦(24)。大田は“松井秀喜の後継者”と、首脳陣のみならずファンからも待望されてきた。トレード発表時には衝撃が走ったが、以前からトレード要員だったとも言われている。

「かつて、まだここまで開花する前のDeNA・筒香嘉智(24)獲りをもくろんで失敗したことがあり、広島・安部友裕(27)とのトレードを画策したこともあったといいます。今回は巨人が吉川欲しさで持ちかけ、日本ハムの指名で大田放出となった。最優秀防御率のタイトルを獲ったこともある吉川の実績が目立ち、“格差トレード”とも言われましたが、大田に潜在能力があるのは間違いない。吉川の活躍も未知数なだけに、スイッチが入れば大田が大成して泣きを見る可能性もあります。球団内からも『育てきれなかったのが問題だ』との嘆き節が聞こえてくる」(前出・球団関係者)

 かつての「欲しい欲しい病」を想起させるがごとく、巨人はめったやたらな補強の手を緩めない。FA交渉解禁日である11月11日午前中には、速攻でソフトバンク森福允彦(30)と交渉。高橋監督から「来年の優勝に力を貸してほしい」とラブコールを受けた森福が、「はい」と答えた様子が明かされている。だが、“解禁日内定”に至るまで、球団は“身体検査”に奔走していたというのだ。

「13年2月、森福はWBC合宿で訪れた宮崎のキャバクラで美女をお持ち帰りしたことが報じられた。実はそれだけではなく、その1年後に宮崎の別のキャバクラを舞台に、もっと派手に暴れてひと騒動になったというんです。一部では知られた話で、週刊誌が狙っているとの噂もあり、巨人移籍で情報が公になるとも言われている。巨人内部でもその情報をつかんでいる関係者はいて、『まさか編成は把握してないのか』とこぼしていた」(球界関係者)

 野球賭博で失墜した名声に、泥を塗り重ねることだけは避けたいところだが──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
あわや胸の“レーズン”が!マギーの艶ショットに「これは事件」の評