芸能

ベッキーづくしの一年を払拭したい!レコ大新人賞の演歌歌手はサンミュージックの切り札か?

20161121hayama

 11月18日に「日本レコード大賞」の各賞が発表され、4組が新人賞に選出された。そのなかで紅一点として注目されるのが、12月で25歳になる若手演歌歌手の羽山みずきだ。その羽山について芸能ライターが解説する。

「羽山はサンミュージックの所属で、同事務所としては21年ぶりの演歌歌手。そのサンミュージックはベッキー騒動の余波で業績が低迷しており、お笑いのカンニング竹山やカズレーザーが頑張っていますが、事務所を立て直すほどのパワーは期待できません。そのなかで羽山が最優秀新人賞を獲得できれば明るい話題になることは間違いないでしょう。しかもこれと同じような状況は30年前にもあったのです」

 その30年前とは、松田聖子から岡田有希子へのバトンタッチのこと。トップアイドルとして活躍した松田は85年に郷ひろみと破局し、すぐさま神田正輝と結婚したことで人気が急落。そのマイナスを補ったのが、84年にレコード大賞最優秀新人賞に輝いていた岡田だったのである。

「松田の場合は不貞ではなかったものの、男性関係が理由で人気を落としたという点ではベッキーに通じる部分もあります。また岡田は名古屋から上京してきた素朴な少女で、山形で巫女を務めていた羽山と重なる部分もありますね。演歌歌手はひとたび人気を得れば日本中を営業で回って稼げますし、演歌業界としても若手女性歌手の登場は大歓迎でしょう」

 演歌歌手ひとりの活躍で事務所を立て直すのは無理だとしても、羽山の名前が広まれば、サンミュージック=ベッキーという図式を打ち崩す効果はあるはず。25歳の歌姫にはいろんな期待が寄せられているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ