スポーツ

プロ野球契約更改「大物5人の移籍密約」をスッパ抜く!(3)DeNA・筒香はメジャー志向が強い

20161222d

 中田と来春のWBCで侍ジャパンの4番を争う横浜DeNAの主砲・筒香嘉智(25)は今季年俸1億円から2億円アップの3億円で更改。今季は44本塁打、110打点で2冠を獲得、球団初のCS出場を実現させたことへの高評価だった。下交渉では複数年契約も提示されたが、筒香はまったく興味を示していない。スポーツ紙デスクが言う。

「筒香もメジャー志向が強いんです。最も尊敬しているのが、同じ左打者で元ヤンキースの松井秀喜氏(42)。中畑清前監督(62)の仲介で、昨年春の沖縄キャンプで食事を共にした際には、メジャー時代の話ばかり聞いていたそうです」

 筒香は昨オフ、ドミニカのウインターリーグに挑戦。球団に了解は取ったものの、参加手続きや現地での宿泊手配などは全て筒香がみずから代理人を使ってやったもので、球団はノータッチだった。いわば準備も含め、メジャー挑戦の予行演習を終えたというわけなのだ。そして筒香はここで、メジャー特有の動くボールと直球に対応するため、右足を上げずスリ足で対処する「メジャー仕様」にフォーム改造してきた。それを知った球団フロントには「本気でメジャーに行くつもりじゃないか」との危機感が一気に広がったという。

「筒香はフォーム改造に成功して44本という結果を残しましたが、ケガさえなければ、フォームを変えずとも打てる。明らかにメジャーを想定しています。シーズン中に米国のある代理人が筒香に裏で接触したところ、『もう代理人は決まっているので大丈夫です』と、体よく断られたといいます。その代理人は『間違いなくメジャー挑戦するつもりでいるな』と証言していました」(球団関係者)

 これはいわば、筒香とメジャーサイド=代理人との「密約」と言える。筒香は契約更改後の会見で「メジャーはまったくないですね」と発言し、無関心を装ったが、あくまでカモフラージュ。順調ならば、海外FA権を得るのは21年だが、その前にポスティングで‥‥のもくろみがあるのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪