スポーツ

プロ野球契約更改「大物5人の移籍密約」をスッパ抜く!(3)DeNA・筒香はメジャー志向が強い

20161222d

 中田と来春のWBCで侍ジャパンの4番を争う横浜DeNAの主砲・筒香嘉智(25)は今季年俸1億円から2億円アップの3億円で更改。今季は44本塁打、110打点で2冠を獲得、球団初のCS出場を実現させたことへの高評価だった。下交渉では複数年契約も提示されたが、筒香はまったく興味を示していない。スポーツ紙デスクが言う。

「筒香もメジャー志向が強いんです。最も尊敬しているのが、同じ左打者で元ヤンキースの松井秀喜氏(42)。中畑清前監督(62)の仲介で、昨年春の沖縄キャンプで食事を共にした際には、メジャー時代の話ばかり聞いていたそうです」

 筒香は昨オフ、ドミニカのウインターリーグに挑戦。球団に了解は取ったものの、参加手続きや現地での宿泊手配などは全て筒香がみずから代理人を使ってやったもので、球団はノータッチだった。いわば準備も含め、メジャー挑戦の予行演習を終えたというわけなのだ。そして筒香はここで、メジャー特有の動くボールと直球に対応するため、右足を上げずスリ足で対処する「メジャー仕様」にフォーム改造してきた。それを知った球団フロントには「本気でメジャーに行くつもりじゃないか」との危機感が一気に広がったという。

「筒香はフォーム改造に成功して44本という結果を残しましたが、ケガさえなければ、フォームを変えずとも打てる。明らかにメジャーを想定しています。シーズン中に米国のある代理人が筒香に裏で接触したところ、『もう代理人は決まっているので大丈夫です』と、体よく断られたといいます。その代理人は『間違いなくメジャー挑戦するつもりでいるな』と証言していました」(球団関係者)

 これはいわば、筒香とメジャーサイド=代理人との「密約」と言える。筒香は契約更改後の会見で「メジャーはまったくないですね」と発言し、無関心を装ったが、あくまでカモフラージュ。順調ならば、海外FA権を得るのは21年だが、その前にポスティングで‥‥のもくろみがあるのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”