芸能

「カインとアベル」大爆死で竹野内豊&瑛太が次の月9から逃亡する非常事態

20161214takenouti-2

 12月12日に放送されたフジテレビ月9ドラマ「カインとアベル」第9話の視聴率が、7.9%だったことがわかった。同ドラマは、このままだと月9ドラマにおいて歴代最低の平均視聴率を記録するという。

「これまでの月9平均ワースト記録は、4月期に放送されていた福山雅治主演の『ラヴソング』(フジテレビ系)です。しかし現在、『カインとアベル』は、全話で1ケタ視聴率を記録しており、このまま終了すれば『ラヴソング』を下回って、歴代最低となる。これを回避するためには、最終回で2ケタ以上の視聴率の獲得が条件となりますが、かなり厳しいでしょう」(テレビ誌記者)

 そんな苦戦中の月9だが、12月も半ばだというのに、来年1月放送となる新ドラマの詳細が聞こえてこない。本来ならば、放送中のドラマの後に、予告映像が流されてもおかしくない時期である。

 12月13日発売の「週刊女性」によると、ギリギリまで内容が発表されないのは、直前で主演俳優に逃げられてしまったからだという。

「記事によるとフジは、半年ほど前から竹野内豊にオファーしていたそうですが、土壇場で辞退されたようです。これにより、『竹野内さんが主演なら』ということで、内定していた瑛太の出演も立ち消えになり、現在は西内まりや主演で動いているのだとか。おそらく竹野内の辞退は、フジ側が俳優を納得させるほどの企画を出せなかったこと。そして現在の悲惨な視聴率を記録する月9に出演するのは、リスクが高いと判断され、逃げられてしまったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 1月スタートのドラマは、通常ならば12月初旬にはクランクインしていると言われる。はたしてこのギリギリな状況で、フジは良質な作品を生み出せるのか。月9の苦難は来年以降も続きそうだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
水原希子、映画「彼女」でマッパ“馬乗り合体”の「前後スライド」が激艶!
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」