芸能

天才テリー伊藤対談「嘉門達夫」(2)どうして落語家をクビになったの?

20161215r

テリー こういった替え唄を始めたのは、何がきっかけだったんですか?

嘉門 やっぱり僕が学生の頃はおもしろい歌がたくさんありましたからね。ザ・フォーク・クルセダーズさんの「帰ってきたヨッパライ」や、高石ともやさんの「受験生ブルース」とか。

テリー 「受験生ブルース」はね、またちょっと風刺も効いて、いい歌でしたね。

嘉門 ソルティー・シュガーの「走れコータロー」は早口のレース中継部分を一生懸命マネしたりしてました(笑)。あと、僕にとっては、あのねのねさんが出てきたのが、いちばん衝撃で。

テリー あー、「赤とんぼの唄」とか、おもしろい歌がたくさんありましたね。

嘉門 当時は(笑福亭)仁鶴師匠、桂三枝(現・文枝)師匠、月亭可朝師匠とか、お笑いの人はけっこう歌を歌ったり、レコードを出していたんですよ。僕が弟子入りした(笑福亭)鶴光師匠も。だから、そういう歌を聴いているうちに「お笑い」と「歌」が、僕の中で渾然一体となっていったんでしょうね。

テリー そうか、嘉門さんには、お笑いを歌で作るのが普通のことだったんだ。

嘉門 ただ、ふと見ると、誰も継続して歌ってないんです。だったら、落語家をクビになった時にそれをやってみようかな、と。

テリー 知らない人も多いかもしれないけど、嘉門さんは以前、落語家だったんですよね。何でクビになったんですか?

嘉門 そもそも落語に興味があって弟子入りしたわけじゃないんですよ。僕、関西の「ヤングタウン」というラジオ番組が大好きで、「どうすれば自分が出られるか」を考えたんですよ。で、当時番組のレギュラーだった鶴光師匠に弟子入りすれば、番組に連れて行ってくれるんじゃないかって思ったんです(笑)。16歳、高校生の時ですね。

テリー すごいなァ。俺が16の時なんて何も考えてないですよ(笑)。

嘉門 それでさっそく弟子入りして、真面目に修業していたんですけど、19歳の時にオーディションを受けたら、(あのねのねの)原田伸郎さんのアシスタントとして「ヤングタウン」のレギュラー出演が決まるんです。

テリー 弟子入りからたった3年ですか。すごいじゃないですか!

嘉門 そうすると、やっぱりラジオの仕事がすごく楽しいわけですよ。「俺は落語がやりたかったんじゃなくて、これがやりたかったんや!」って。そうすると、修業にも身が入らなくなっていくわけです。

テリー まァ、気持ちはわかりますよ。

嘉門 だんだん「何で師匠の家の掃除なんかせなあかんのや」みたいなことになっていって、しまいには師匠から「家に来い」って呼ばれても行かなかったりして(苦笑)。

テリー それはさすがに怒られますよ(笑)。

嘉門 それで破門になって、番組も降ろされて、1年ぐらい全国を放浪するんです。とりあえず能登半島、佐渡島あたりをヒッチハイクしたり、夏は与論島でバイトしながらお客さんの前で歌ったり。

テリー 当時の与論島ってすごかったですよね?

嘉門 すごかったです。冬はスキー場、夏は南の島を行ったり来たりしてるような、ヒッピーみたいな人たちがいっぱいいて。

テリー また当時の与論島は「女とすぐデキる」みたいなイメージがあってね。

嘉門 いやいや、実際そうだったんですよ! こんなに女性との関係が簡単に進むのかって。ある意味、女性観が変わりましたね。

テリー えー! それはうらやましい話だなァ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)