社会

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.1(2)ミッチーご成婚に便乗“あやかり結婚”

2016_60th_b

 1959年、4月、皇太子明仁親王が正田美智子さんとご成婚、民間人で初めて皇太子妃になられた。そして国民から圧倒的人気を集め、ミッチー・ブームが起きた。

 しかもドミノ倒し効果か、前年の婚約発表以来、結婚したい男女が激増したのである。相手探しに悩む方の一助にと、高級な会員制クラブから街の結婚相談所まで大はやり。若い人ばかりでなく、中高年まで押しかけているというから驚く。

 アサヒ芸能1959年1月25日号では、大手町のホールで開かれたSソシアルクラブ結婚相談所で開かれた新年会を同行取材している。

〈「──私は永い間、海外の地で独身を続けてまいりました。日本へ“花嫁探し”に来たのは昨年9月のことでした。そして11月27日、皇太子妃決定を知ったとき、これは最大のヒットだと思いました。私は皇太子と正田美智子さんに限りなき感謝を捧げなければならないのかもしれません。そのニュースはひるみがちな私に勇気を与えたのですから……」〉と白髪の会社社長が、マイクの前でおだやかに語ったのだ。ミッチー・ブームの余波は意外なところに現れている。

●「ご清潔で、ご立派で、心から信頼でき、尊敬できる方です」が適齢期の女性の流行語になった。

●京都のあるパン屋さんは「当店では日清製粉のコナを使っております」黒墨で大書きして店頭に貼った。

●美智子さんの母校、聖心学園が人気になり。京都では「聖心に入れてやるから…」という裏口入学サギが現れた。

●「皇太子と同じ日に結婚したい」という男性が急増した。

 いやはや…。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
2
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?
5
バスト&ヒップを同時堪能?「泥酔した」吉岡里帆を“介抱した”俳優に羨望の声