芸能

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.10(2)絶頂期アイドルはなぜ死を選ぼうとしたのか?

2016_60th_ee-2b

 デビュー2年目のアイドル歌手・岡田有希子が所属事務所が入ったビルの屋上から身を投げたのは、86年4月8日だった。

 自ら死を選んだ原因は、一説には当時42歳とふた回り年齢の離れた中年俳優・峰岸徹への失恋と囁かれた。86年4月24日号によれば、岡田有希子の遺書には「峰岸さんにふられた」とか「好きだったのに冷たくされた」という文字が躍っていたという。

 だが、当の峰岸は、事件当夜の記者会見で「あくまで兄と妹のような関係」だったと、困惑した様子で反駁。自分が原因だったとは思えないと語ったうえ、ほかの理由に推測の輪を広げて会見を終えた。

 アイドル歌手の投身自殺は、中高生や同世代の少年少女たちに大きな衝撃を与えた。以降、全国で後追い自殺が頻発。社会問題化し、国会で論議の対象となったほか、テレビに岡田有希子の幽霊が映っていたという騒ぎまで起きている。

 岡田と違って死には至らなかったが、人気絶頂の中森明菜が、天国から地獄の淵をさまよったのは89年のことである。当時の彼女にはさまざまな軋轢に身動きがならなかった。

 7月11日、マッチこと近藤真彦のマンション(東京・港区)。浴室の洗い場には、リストカットした明菜が血に染まってあおむけに倒れていた。89年7月27日号で、その「自殺未遂事件」の真相を追及している。

 原因は、マッチと松田聖子との“ニューヨークの密会”だった。写真週刊誌の暴露で、事の次第を知った明菜は、惑乱の末に当時、体重が5キロも減っている。先の密会そのものは、聖子にすれば単なる“火遊び”にすぎなかったようだが、明菜にとっては最悪。彼女にとって聖子は“天敵”みたいな存在で、日頃から「百恵さんは尊敬するけど、聖子さんは大嫌い!」と告白する対象だったのだとか。

 こうして恋は暗転したのだが、当時の明菜の左ヒジへの自傷は入院2週間、全治1カ月でことなきを得た。

 その後、明菜は不調が続き、何度か復活が模索されるも現在に至っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!