スポーツ

年忘れ「にっぽんのプロ野球」覆面スクープ座談会(1)大補強の巨人は高橋監督に相当のプレッシャーが…

20161229d

 今年も球界は激動の1年だった。その舞台裏をよく知る関係者、事情通たちがスクープを持ち寄って大集合。大みそかを待たずして、今年も「にっぽんのプロ野球」をグラウンドとは違う角度から振り返ってみよう。

A(スポーツ紙デスク)このオフは、何といっても金満巨人の補強が目につくね。

B(民放局野球担当ディレクター)渡辺恒雄主筆(90)が大号令をかけたんですよ。「とにかく(来年は)優勝しろ。金はいくらでも払うから、とにかく優勝しろ」と厳命し、森福允彦(30)、山口俊(29)、陽岱鋼(29)と、球界初となる1年で3人の強奪を成し遂げた。

C(夕刊紙プロ野球担当記者)陽はオリックス・福良淳一監督(56)が日本ハム時代にコーチとして熱心に指導したこともあり、ラブコールを送り続けていた。

D(NPB関係者)福良監督はウインターリーグの視察で台湾を訪れていましたが、現地で陽に食事を持ちかけても「決まるまで会いません」と、けんもほろろだったというね。

E(在京球団関係者)巨人は6年総額18億を提示したようだからね。よそは太刀打ちできなかった。

F(球界OB)一方、高橋由伸監督(41)のプレッシャーは相当だよ。もともと3年契約だけど、来季優勝できなければ3年連続V逸で慶応野球部の先輩でもある堤辰佳GM(51)は解任が既定路線。その時は高橋監督も辞めるだろう。最近、頻繁に連絡し合っているようで、一蓮托生の雰囲気だな。

D 心中穏やかじゃないのは、前監督の原辰徳特別顧問(58)も同様。堤GMは就任当初から、チームの生まれ変わりをアピールするよう“原物件”を露骨に排除したがっていた。

A トレードで日ハムに放出された大田泰示(26)については原氏みずから動いていた。昵懇の関係にある栗山英樹監督(55)から「大田をください。僕が再生してみせます」と、直接会談が何度か持たれていたというね。原氏も「どこか知らないチームに獲られるよりは」と大田を説得したようです。

D とはいえ、原氏のイラだちは相当なようだね。森福らの大補強について、「一流じゃないだろ」「パッとしない」と関係者に吐き捨てている。

F 華に欠けるのは否めない。でも、巨人は他球団の戦力ダウンさえできればいいんだ。94年に広島から川口和久(57)を獲ろうとした時も当時の長嶋茂雄監督(80)は本人に直接電話して「お前、今年、巨人戦で何勝しているんだ?」「4勝です」「じゃ、ウチは4勝助かるな」と言ったほど。伝統なんだよ。極端に言えば1勝もしなくていい。

E 大補強の裏では、大竹寛(33)も首が寒いことを実感してか、1月から内海哲也(34)が仕切る自主トレに初参加する。今までは1人で調整してたけど、後輩選手に指導力をも見せつけないと引退後の食いぶちにも困るからね。

C 片岡治大(33)なんて「俺、巨人にいる必要あります?」と半ばくさっている。

A 若手・中堅選手にもこの空気が蔓延しているよ。先日、イベントに出演した某中堅選手は、その舞台裏でFAに伴うプロテクトリストの人選を気にしていた。真意を聞くと「正直言って(巨人から)出たいですよ」と本音まで漏らしていたんだから。

E 現時点で空きポジションがセカンドしかないと言われるほど、トレードやFAで乱獲しましたからね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…