芸能

ASKAの高笑いブログ、要約すると「尿の代わりにお茶を入れて警察をハメた」?

20161223aska

 法律違反の薬物使用の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕されていたASKA(本名・宮崎重明)が12月19日、嫌疑不十分で不起訴処分となり釈放された。科学捜査研究所で行われた尿検査が“陽性”と出たうえでの逮捕だったのに、不起訴の理由が“ASKAの尿だと立証できなかった”と発表されたのだ。

 同日、ASKAは自身のブログで「無罪です」と綴り、翌20日には尿検査について「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう」と考え、“尿の代わりにお茶を入れた”と告白した。

 さらに同日ブログを更新し「実は、陽性になったのには、ひとつの理由があるのです。科捜研に間違いはないと思います。ただ、まだ語ることのできない理由があります」と書き、最後は「僕は無実です」と締めくくった。

 法律違反の薬物常用者を数多く取材してきた記者は、ASKAのブログをこう読み解く。

「釈放後のブログの内容は、“尿検査をしたら陽性だとデッチ上げられる。その証拠に、お茶を入れたのに陽性になった”と言いたいわけです。しかし、警察を呼んだのはASKA自身。つまり、彼は警察をハメてやったと言いたいのではないでしょうか」

 しかし、それにしては警察の尿検査もズサンだったとは言えないか?

「大物有名人を逮捕できることに、興奮したんでしょうかね。ズサンと言われても仕方ない。ただ、メンツを潰された当局のASKAに対するマークは、一層厳しさを増すでしょう。その閉塞感に耐えかねて、ASKAの身に何か起こらなければいいのですが‥‥」(前出・記者)

 ASKAはブログで「近いうちに、詳細を語らせていただきます」と書いているが、一体何を語ろうとしているのだろうか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる