社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「ダイエット中に避けるべき宴席は『寿司』と『焼肉』のどちらのなのか?」

20161229t

 忘年会シーズンがやってきました。つきあい酒が続くこの時期を上手に乗り切るには、会食の翌日をヘルシーにすることです。食べすぎたらカロリーを控えめに、飲みすぎたら翌日は飲まない。「楽しく飲んで翌日に節制」と覚えておいてください。また、会社の上司や取引先との接待酒は、心から楽しく飲めません。粗相があってはいけない、と緊張して酔えない酒です。義理を重んじるのも大事ですが、2回に1回は不義理をしてもいいと思います。

 一方、飲み会の予定を1週間に何回も入れると、さすがに体ももちません。せいぜい3~4日でしょう。

 さて、ここで問題です。ダイエット中に忘年会の予定が2つ入りました。1つは焼き肉、もう1つは寿司。どちらかに出席する場合、選ぶべきはどちらでしょう。

 寿司は8割が米であり、ダイエット中に食べるのはオススメできません。それでなくとも塩分が多く、寿司とともに酒も飲みます。日本が生んだ食文化ではあるものの、体にとっていいメニューとは言えません。回転寿司チェーンができたことで身近な食べ物となりましたが、もともと寿司は、祭りや祝い事で食べる「特別なごちそう」です。焼き肉の場合、寿司よりはヘルシーですが、ダイエットをしている以上、最後に食べるビビンバや冷麺はパスしたいところ。野菜サラダやサンチュを中心に食べるなら、寿司よりはカロリーも抑えられます。

 どちらかを選ぶなら「野菜中心の焼き肉」が正解となります。忘年会が続いた場合、翌週のカロリーを抑えて帳尻を合わすのもありでしょう。出席しなければならない場合、昼食を軽くして夜に備えるのも一つの手法です。

 ただし、仕事のパフォーマンスを維持するため、朝食は普通に食べてください。朝食抜きというダイエット方法を選ぶ人もいますが、朝食を抜くと前夜に食べた分で体と頭を使うことになり、体が飢餓状態になります。

 ダイエット以上に仕事も大事であり、朝は少しでも食べるべきです。

 朝食を抜いて昼食を多めに食べるパターンも、食後に眠くなり、午後のパフォーマンスが落ちます。

「3食を抜かずに少しずつ減らす」のがダイエットの基本であり、3食とも、御飯や麺を少なくする低糖質ダイエットとすると、ダメージは少なくなります。

 ただし、低糖質はオススメしますがゼロ糖質はダメです。糖質が不足すると体のパワーが不足して、常に疲れたような状態に陥ってしまいます。肉体労働の人が食事を多くとるのも、それだけパワーを必要とするからですが、普通のサラリーマンも、少量でいいのでパンやおにぎりを適量食べてください。御飯なら1食につきお茶碗1杯、1日の摂取カロリーで考えると2200キロカロリーぐらいが適量と言えます。

 もっとも、手っとり早く食べられる食事といえば糖質しかありません。昼食を15分で済ますなら弁当か牛丼、うどんやソバ、あるいはコンビニのおにぎりやパンとなりますが、これらは全て糖質です。こうしたメニューを食べている人は、今の糖質をしだいに減らして半分ぐらいにすると、理想の糖分になるでしょう。

 ちなみに、こうした糖質ダイエットを続けた場合、最初の1週間や10日は体内で代謝の切り替えが始まるため、体脂肪率は思ったほど減りません。代謝効率のいい人ほど痩せにくいので、「効果がない」わけではないのです。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!