事件

沈没船「財宝引き揚げ」10億円詐欺の狡猾手口!(4)「キーマン」を直撃すると…

20161229c4th

 そこで、松田氏とたもとを分かち、「インセプション」なる新会社を立ち上げた一瀬氏と水江氏に話を聞くため、博多市内の事務所へ。こちらも窓ガラスには全て目張りされ、施錠されていた。

「ここ1カ月ほどお見かけしませんね。ブラインドは下りたままだし、人の出入りもない」(近所の商店主)

 長崎県佐世保市内の高台にある一瀬氏の自宅を直撃してみた。車で帰宅した妻に話しかけると、

「仕事で福岡に行っています。今日は戻りません!」

 家宅捜索の話を切り出すと表情が一変。「知らない。何も知らないって」と言うと、ドアを閉めてしまった。

 ガサ入れ後に「危険」を感じ、それぞれが行方をくらませているのか──。

 実はこの「財宝引き揚げ」には「キーマン」が存在する。それが田中角栄元総理の元秘書・K氏であり、中国の美術館建設で

「中国政府の要人に太いパイプを持つ人物」。松田氏の口からは再三、このK氏の名前が登場している。Cさんが言う。

「K氏の奥さんが安倍晋三総理の昭恵夫人と一緒に、博物館建設に尽力している、ということでした。K氏は政界の大物で、総理夫人とも親しいと聞いていた。私としても、それが大きな安心材料になっていました」

 中国の美術館の「財宝」買い取りもK氏の口利きによるもので、K氏にも礼金が支払われるのだと‥‥。

 都内にあるK氏の事務所で話を聞いた。K氏は現在、NPO法人の会長職にある。

──田中角栄氏の秘書をされていたそうですが。

「そう、(筆頭格の)榎本(敏夫元秘書)の下におった。だから、何も知らん石原慎太郎が角栄の本を書くなんて、正直驚いたよ」

──告訴状が長崎県警に受理されています。

「ワシのところにも長崎から司直が3名訪ねてきていろいろ聞かれたが、知っていることは全て話した」

──松田氏との関係は?

「松田とは4年ほど前に、知人の紹介で知り合った」

──12年9月には、あなたのNPO法人のイベントの前夜祭が東京・銀座のホテルで行われました。松田氏やポーラースターの会員も多数参加していますね。

「あれはワシが招いたのではなく、松田を囲む婦人会グループの会合に私が招かれた形だった」

──その会場であなたは「お持たせしました。いよいよ近々、皆さんにいい知らせが届くはずです」と発言しているようですが。

「ないない。そんなことは言っていない。ただ、ワシも歌を歌ったり記念写真を撮って、ずいぶん盛り上がったことは覚えている」

──安倍総理と昭恵夫人の名前が登場する博物館建設への関与については?

「そんな話はない。それは出任せだな」

 あくまで「事業」への関与を否定するK氏。Aさんは言う。

「確かに詐欺は殺人などではないかもしれません。でも会員の中には、なけなしの年金をむしり取られて体を壊し、生きる希望を失ってしまった人も少なくありません。警察には徹底した捜査をお願いしたいし、厳しく罰してもらいたい」

 姿を見せない当事者たちは、彼らの叫びをどう聞くのか──。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス