社会

記憶力低下、疲労感…「男の更年期障害」にテストステロン補充で第2の青春を

20161226kounenki

 物事をやるのが億劫だ。体がダルい。ヤル気が起きない。そんな症状を冬の寒さのせいだと思っていると大変。男性ホルモンの減少が原因という場合が多いといい、それがなんと、鬱病やガンの原因にもなるというのだ。

 亡くなった漫画家・はらたいらさんが使って有名になった言葉が「男の更年期障害」。症状は「認知・身体機能の低下(うつ・メタボ・骨折・不眠・肩こり・衰弱・筋力の衰え・頭痛・疲労感・記憶力低下・脳の海馬の減少)」。現在、世界的にLOH症候群(男性更年期障害)と呼ばれている。更年期障害の原因は女性の場合、閉経という劇的な変化を伴うのに対し、男性の場合にはそのような変化が起きない。さらに、「やる気のなさ」「体のダルさ」は怠けていると見られ、自身を責めてますます症状を悪化させてしまう。東洋医学研究家で整体師の三上藤雄氏が言う。

「東洋医学では、体の中での活力の場を『腎』と呼び、生命の源と考えられています。この『腎』の活力がなくなってしまう状態を『腎虚』と呼び、男性の大厄である42歳がこの腎虚になりやすい年齢と説いています。これが男性の更年期の正体です」

 西洋医学の世界でも近年の研究によって、男性更年期障害の原因、つまり「腎虚」の原因は男性ホルモンの低下によることがわかったという。三上氏はこうも付け加える。

「冬は五行学説で考えると『腎』にあたる時期。『腎』は寒さに弱いため体が冷えたり、この時期に不摂生な生活を続けたりすると、機能が衰えやすくなってしまう」

 男性ホルモン「テストステロン」は一般に30歳ごろから減少しはじめ、年に1~2%の割合で減少する。テストステロンの減少は仕事の不調や社会との不適合から生きがいの喪失に繋がるが、体にも大きな影響を与える。

 男性ホルモン補充薬「グローミン」(塗り薬)などを製造している大東製薬工業(株)の福井厚義社長が言う。

「LOH症候群の人への追跡調査では、テストステロンの減少はガンや心臓病、糖尿病、メタボになりやすく、短命に繋がることがわかってきました。今や中高年の6人に1人がLOH症候群と言われています。運動や生活習慣の見直しも必要ですが、男性ホルモンの補充も必要になります」

 ホルモン補充療法というものもあるが、大半は注射であり、敷居は高い。亜鉛やアミノ酸を含む食べ物や、テストステロン軟膏は手軽に効果が期待できるので、試してみる価値はありそうだ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)