スポーツ

石川遼 米ツアー優勝は難しい?松山英樹が見限った「オフレコ本音」キャッチ

20170105_12q

 16年もまた米ツアー初優勝を果たせなかったプロゴルフの石川遼(25)は、国内戦もわずか1勝止まり。かつての栄華はどこへやら、の状況下、松山英樹(25)と参戦したW杯が「お情け」出場だったことも判明してしまい‥‥。

 12月5日、日本ゴルフツアー機構は都内で男子ツアーの年間表彰式を行い、初の賞金王に輝いた池田勇太(30)が最優秀選手賞など7部門でタイトルを獲得した。スポーツ紙デスクが話す。

「その中でも注目されたのが『MIP賞』。ファン投票によって『最も印象に残った選手』に贈られる賞です。07年から9年間、石川がずっと受賞してきたのですが、今回は突然、青木功会長(74)の独断で決定することになった。すでにファン投票を実施していたのにもかかわらず、です」

 青木会長が選出したのは、賞金王・池田。まさかのどんでん返しを食らった石川は「日本ツアーなら勇太さん、世界のゴルフなら松山英樹かなと思います」とさわやかに答え、両者をたたえていたという。ゴルフ専門誌編集者が話す。

「いや、内心は悔しかったと思いますよ。世界の青木からの、まさかのダメ出しですからね。16年の石川は腰痛で出遅れたとはいえ、8月の『RIZAP・KBCオーガスタ』の1勝だけ。一方の池田は国内ツアーを3勝し、リオ五輪にも出場。世界ランクは37位(12月5日時点)で、17年のマスターズ出場も決定的です。11月のW杯にしても、石川ではなく池田が出場していてもおかしくなかった」

 11月24日から27日にオーストラリアで開催されたW杯ゴルフは、国・地域別対抗戦。1組2人の284チームによる団体戦である。その日本代表が、松山・石川ペアだったのだ。この大会は、8月1日時点の各国世界ランキング最上位者がパートナーを指名することができる。民放局中継スタッフが振り返る。

「当初、『松山が最初に石川に声をかけた』という報道があり、6位に終わってからも松山が『次回、また遼と組みたい』と話していますが、いずれもウソでした。というのも、日本勢トップの松山は8月初旬に参戦を決めるとすぐ、出身校である東北福祉大学の先輩たちに打診していたからです。まず岩田寛(35)は米ツアー(秋開幕)出場が微妙な状況だったため、断られた。続いて谷原秀人(38)に声をかけますが、こちらは賞金王争いを展開している状況で、終盤戦の欠場は厳しいからと、見送られた。3番目が池田で、これも谷原と同じ理由でした」

 信頼する3人の先輩に断られ、しかたなく「格落ち」の石川を指名したのが真相のようである。松山はそれを象徴するかのようなオフレコ本音を漏らしていた。

「当時の石川は世界ランク197位で、日本勢9位に急降下していた。松山は帰国後、『日本ツアーは1日だけハマれば勝てるが、海外は少なくとも3日は好調じゃないとダメ』と話しています。つまり、ドライバーが不安定なタイプの石川は世界では厳しい、という指摘。石川は腰痛が癒えてフォームを改造中とはいえ、松山との差はどんどん開くばかりで、同じ世界挑戦でもステージが違います」(前出・民放局中継スタッフ)

 今季、世界ランク6位まで駆け上がり、海外メジャー制覇の期待がかかる松山に対し、米ツアーの平場戦でも勝てない石川。今では同情を買うほどにナメられ、見限られてしまったようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!
5
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!