スポーツ

石川遼 米ツアー優勝は難しい?松山英樹が見限った「オフレコ本音」キャッチ

20170105_12q

 16年もまた米ツアー初優勝を果たせなかったプロゴルフの石川遼(25)は、国内戦もわずか1勝止まり。かつての栄華はどこへやら、の状況下、松山英樹(25)と参戦したW杯が「お情け」出場だったことも判明してしまい‥‥。

 12月5日、日本ゴルフツアー機構は都内で男子ツアーの年間表彰式を行い、初の賞金王に輝いた池田勇太(30)が最優秀選手賞など7部門でタイトルを獲得した。スポーツ紙デスクが話す。

「その中でも注目されたのが『MIP賞』。ファン投票によって『最も印象に残った選手』に贈られる賞です。07年から9年間、石川がずっと受賞してきたのですが、今回は突然、青木功会長(74)の独断で決定することになった。すでにファン投票を実施していたのにもかかわらず、です」

 青木会長が選出したのは、賞金王・池田。まさかのどんでん返しを食らった石川は「日本ツアーなら勇太さん、世界のゴルフなら松山英樹かなと思います」とさわやかに答え、両者をたたえていたという。ゴルフ専門誌編集者が話す。

「いや、内心は悔しかったと思いますよ。世界の青木からの、まさかのダメ出しですからね。16年の石川は腰痛で出遅れたとはいえ、8月の『RIZAP・KBCオーガスタ』の1勝だけ。一方の池田は国内ツアーを3勝し、リオ五輪にも出場。世界ランクは37位(12月5日時点)で、17年のマスターズ出場も決定的です。11月のW杯にしても、石川ではなく池田が出場していてもおかしくなかった」

 11月24日から27日にオーストラリアで開催されたW杯ゴルフは、国・地域別対抗戦。1組2人の284チームによる団体戦である。その日本代表が、松山・石川ペアだったのだ。この大会は、8月1日時点の各国世界ランキング最上位者がパートナーを指名することができる。民放局中継スタッフが振り返る。

「当初、『松山が最初に石川に声をかけた』という報道があり、6位に終わってからも松山が『次回、また遼と組みたい』と話していますが、いずれもウソでした。というのも、日本勢トップの松山は8月初旬に参戦を決めるとすぐ、出身校である東北福祉大学の先輩たちに打診していたからです。まず岩田寛(35)は米ツアー(秋開幕)出場が微妙な状況だったため、断られた。続いて谷原秀人(38)に声をかけますが、こちらは賞金王争いを展開している状況で、終盤戦の欠場は厳しいからと、見送られた。3番目が池田で、これも谷原と同じ理由でした」

 信頼する3人の先輩に断られ、しかたなく「格落ち」の石川を指名したのが真相のようである。松山はそれを象徴するかのようなオフレコ本音を漏らしていた。

「当時の石川は世界ランク197位で、日本勢9位に急降下していた。松山は帰国後、『日本ツアーは1日だけハマれば勝てるが、海外は少なくとも3日は好調じゃないとダメ』と話しています。つまり、ドライバーが不安定なタイプの石川は世界では厳しい、という指摘。石川は腰痛が癒えてフォームを改造中とはいえ、松山との差はどんどん開くばかりで、同じ世界挑戦でもステージが違います」(前出・民放局中継スタッフ)

 今季、世界ランク6位まで駆け上がり、海外メジャー制覇の期待がかかる松山に対し、米ツアーの平場戦でも勝てない石川。今では同情を買うほどにナメられ、見限られてしまったようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」