芸能

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(2)<直撃2>児島美ゆき

20170105_12z

 70年代にブームを巻き起こした「ハレンチ学園」は、ドラマ・映画としても大ヒット。そのヒロインだった十兵衛役の児島美ゆき(64)は、明るさと、トランジスタグラマーぶりが魅力だった。

──ボインという言葉が生まれて半世紀がたちます。

児島 50年前かあ‥‥。私、その頃は「仮面の忍者赤影」や「ひょっこりひょうたん島」を歌ってたな。

──えっ、歌手だったんですか?

児島 14歳で「ヤング・フレッシュ」というコーラスグループに選ばれて、赤影なら「♪手裏剣しゅしゅしゅっしゅしゅ」とか、ひょうたん島なら「♪ちゃ~っぷ、ちゃ~っぷ」とか、バックで歌ってました。

──初耳です。そして児島美ゆきとして晴れて主演デビューを飾ったのが「ハレンチ学園」ですね。日活で映画化、さらに東京12チャンネル(現・テレビ東京)でドラマ化され、その全てに出演しているのは児島さんただひとり。

児島 私が高校を卒業したばかりの頃に撮影が始まって、学校の延長みたいで楽しい現場でした。もちろん、スカートめくりは毎週、必ず入っていたけど(笑)。

──70年代を代表するボインちゃんでしたが、この撮影が始まった時には、すでに発育は完了?

児島 まだだったと思います。ここから20歳にかけて急に大きくなって、母親に「あんた、その邪魔くさい胸を何とかしなさいよ!」って言われた。

──お母さん、ひどい(笑)。

児島 それまではペチャパイの部類だったから、そのギャップにお母さんも驚いたのかもしれない。あっ、そうそう、その当時は私、ボインの名付け親の大橋巨泉さんの事務所にいたの。

──おお、見えない糸がプロポーションにも影響を与えたんですね。そして「ハレンチ学園」の人気を機に、伝説のバラエティ「TVジョッキー」(日本テレビ系)の初代アシスタントに。

児島 プロデューサーに「キミは胸が大きいから採用しよう」だって(笑)。司会の土居まさるさんとはラジオでもご一緒してたんだけど、ラジオのブースって、ちょうどテーブルの高さに胸が乗っかるんですよ。そしたら土居さんに「お前なあ、そのおっぱいを何とかしろよ」って言われてました。

──それにしても「TVジョッキー」って、日曜の昼どきに「ゴキブリを食う少年」とか「大蛇の風呂に入る男」とか、とんでもない番組でしたね。

児島 私、蛇が出るとスタジオ中を大声で逃げ回っていたもん。でも、そんな部分を含めて、あの頃のテレビって、今にないおもしろさがあったんだと思う。

──確かに、テレビにとって幸福な時代だったかもしれませんね。

児島 実は私、「ハレンチ学園」から何年かたって、会う人ごとに「お世話になりました」って、意味深に言われるのがすごくイヤだったの。でも、今は「ありがとう」って素直にお返事できる。あの当時、ヒロインの十兵衛役をやれる明るいキャラが私のとりえでした

──そうです、明るさとグラマーの融合が大きな魅力でした。

児島 1月20日に東京の「新橋ZZ」で久しぶりに歌のライブをやるので、ブログをチェックしてもらえれば。今でも筋トレやエステでEカップをキープしているから、ぜひステージで!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは