スポーツ

30億円補強の裏で進んでいた…「巨人・中畑監督」がついに誕生する!?(1)大補強でも安泰ではない高橋監督

20170105_12x1st

 巨人が「乱獲」とも揶揄される大補強に成功した。すなわち2017年シーズン、高橋由伸監督(41)は優勝以外を許されなくなったということ。ついには保険として、あの「絶好調男」を次期監督として迎え入れるプランまでが進行しているというのだ。

 巨人はDeNAから山口俊(29)、ソフトバンクから森福允彦(30)、そして日本ハムから陽岱鋼(29)と、史上初となるFAでの3選手強奪を成し遂げた。それだけ17年にかける本気度がうかがえる。

 そればかりか、日本ハムから吉川光夫(28)をトレード補強し、先発候補を強化。新外国人選手も大物釣りに成功し、4番候補として元楽天のマギー(34)、新守護神候補に現役メジャーリーガー・カミネロ(29)の獲得まで成功している。

 ここまで実に「総額30億円」とも言われるビッグマネーをつぎ込んでいる背景には、他でもない鶴の一声があった。

 いまだ球団で実質的な権限を持つ読売新聞グループ本社代表取締役主筆・渡邉恒雄氏(90)が16年夏に発した言葉である。チームが完敗し、4位に転落した7月7日の阪神戦を見届けたあと、報道陣に「やっぱりこれはね、由伸の責任じゃないからな。フロントだよ。補強してないんだから。こんな補強せずに、今の陣容で勝てったって無理だよ」と、編成トップの堤辰佳GM(51)らの無策ぶりに鋭く舌鋒を向けたのだ。結果、ドンから発破をかけられた堤GMらフロント幹部は、焦って金に糸目をつけずに走りだした。

 その一方で、大戦力を背景に2年目の高橋監督が安泰かといえば、答えは「NO」である。球団幹部の一人は、その理由について次のように打ち明けた。

「確かに、2017年のウチは多くの有識者たちから優勝候補にあげられると思う。しかし裏を返せば、これだけ補強してもらいながらまたV奪回に失敗すれば、3年契約の途中とはいえ、高橋監督は進退伺いを提出する可能性が濃厚。そうなれば、由伸支持者の主筆もさすがにかばい切れない。シーズン終了後、そういう最悪のシナリオに結びつく可能性は大いにあるのだから、準備をしないといけないでしょう。というのも、16年シーズンのベンチワークからすると、巨大補強で膨張気味になったチーム、それも我の強い各選手たちを高橋監督の能力ではうまくコントロールできないと見られるからです」

 実は球団内で今、この幹部を含め多くの関係者たちが「由伸ジャイアンツでは永遠に勝てない」と静かに水面下でシュプレヒコールをあげている。その流れの中で早くも高橋監督に代わる次期監督候補として浮上しているのが、前DeNA監督・中畑清氏(62)である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!