芸能

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(3)<直撃3>高樹澪

20170105_12aa

 81年にデビューした高樹澪(56)は、女優としても歌手としても鮮烈な印象を残した。だが、あのクールな表情の下には、実は驚くほどの豊満なバストが隠れていたのだ。

 芸能界に入る前は、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)で企業の当座預金業務を担当していた。人目に触れる窓口にいたわけではないが、それでも、桁外れのプロポーションは通勤ルートさえも困難にした。

「乗るたびに痴漢にあっていたんですよ。だから毎日、家から銀行に行くまでの電車を変えたんです。あえて先の駅まで行って戻るとか、時には父親に同乗してもらうこともありました」

 スレンダーでミステリアスな女優として認知されたが、銀行員時代は「バスト102センチ」だったというから驚愕のサイズ。ブラウスの胸のボタンが飛ぶことも珍しくなく、さらに高樹は、ある試みも実践してみた。

「あまりにも胸が重たすぎて、これはいったいどのくらいの重さなんだろう‥‥そう思って、計量器に片方ずつ乗せてみたんです。そしたら、左が2.5キロ、右も同じく2.5キロ、合わせて5キロもの重さでした」

 80年代は今ほどブラのサイズが細分化されていない。それでも、アンダーが65センチで、トップが102センチというから、GカップからIカップは間違いない。

「自分で言うのもアレですけど、ウエストは細くて胸とお尻だけが大きい。男の人が妄想するような、二次元のような体形だったと思います。だからブラも既製品では合わず、妊婦さんがつけるような物を代用していました」

 今ではどんなサイズでも容易に手に入るが、80年代までは国産で大きめのブラを探すのは至難のこと。高樹は10代の終わりに訪ねたアメリカの地で、下着がより取り見取りだったことに感激した。

「日本だといちばんいいのは水着でしたね。アンダーがわりと簡単に調整できるんですよ」

 銀行を辞めて本格的に女優に転向した81年、サザンオールスターズの桑田佳祐が音楽監督を務めた「モーニングムーンは粗雑に」で主演デビュー。銀行員時代よりはスレンダーになったとはいえ、それでも96センチを誇ったバストを、フルヌードでスクリーンに焼き付けた。

「撮影スタッフに言われましたよ。あんなに大きいのに、横になっても流れない胸を初めて見たって。まあ、それが若さだったんでしょうね(笑)」

 ただし、作品の評価も興行成績も芳しくはなかった。高樹いわく、照明スタッフがそのまま画面に映り込んでしまう“粗雑な作品”だった。

 同年、高樹は「無力の王」という映画でも内田裕也を相手に濡れ場を披露するが、こちらも興行的には振るわず、高樹のヌードもこれにて打ち止めとなる。

「ほとんど世の中には流通してなかったと思いますが、それでも、これ以上『脱ぐ人』というイメージを事務所はつけたくなかったんでしょうね。たくさん舞い込んだヌードの仕事は、全てシャットアウトしてくれました」

 そして高樹澪は、片側顔面麻痺による長らくの休業を乗り越えて女優業を再開。17年春公開の「おとめ桜」では、竹中直人と夫婦役で共演している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
3
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
4
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
5
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!