芸能

小室哲哉が宇多田ヒカルの出現にショックを受けたのは英語力が原因だった!?

20170113utada

 90年代に数々のミリオンヒットを飛ばした小室哲哉は、宇多田ヒカルの登場にショックを受けていた! これは1月10日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)にて小室自身が明かしたもの。その小室が98年に15歳でデビューした宇多田の「Automatic」から受けた衝撃について、音楽ライターが説明する。

「小室は“Automatic”(オートマティック)という言葉について『何回か歌詞を追ってもわからない。何が自動なんだろう?』と悩み、自分からは絶対に出てこない言葉ということで、『作詞の概念も変えられてしまった』と落ち込んだそうです。クリエーターとして相当なショックだったようですね」

 当時の小室はそんな自分のことを「出てこないんだ‥‥。自分は‥‥」と責めていたようだ。だが英語に詳しいライターは、小室が抱いたショックは単に英語力の問題であり、勘違いにすぎないと指摘する。

「彼の英語力では“オートマティック=自動”としか理解できなかったのでしょう。しかし、この場合の意味は『確実に決まる』とか『百発百中』といったニュアンスなんです。たとえばサッカーでPKを必ず成功させる選手を指して『あいつはオートマティックだ』といった言い方をします。スポーツの世界では日本でもわりと知られている表現ですが、それを知らずに小室は一人で悩んでしまっていたようですね」

 小室はプロミュージシャンになる前、洋楽を聴き漁っていたが、興味がピアノやキーボードに向かっていたため、英語の歌詞を深く理解することはなかったようだ。もし彼がもう少し洋楽の歌詞にも興味を持っていたら、宇多田の登場に面食らうこともなかったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…