政治

トランプ新大統領が塗り替える新「アジア同盟地図」を警報公開!(1)米中関係の火薬庫「台湾」

20170202h1st

 世界を激震させた米大統領選から約2カ月、ついにトランプ大統領が始動した。覇権を争う中国に対し、「暴言王」は就任前から強硬姿勢で咆哮。大国同士の不仲で大きく入れ代わる「カネ・軍事力・領土」──アジア各国はどちらを選ぶのか“踏み絵”を迫られる事態に直面。新アジア同盟地図から警報が鳴り響く!

「私たちは再びアメリカを強くする。再びアメリカを豊かにする。再びアメリカを誇り高い国にする!」

 1月20日(現地時間)に行われた大統領就任式典後の演説で、こう高らかに宣言したのは、第45代アメリカ大統領、ドナルド・トランプ氏(70)だ。

 大物アーティストの出演拒否や、民主党議員のボイコットが続出する異例事態の中での就任。「トランプ以前」の世界では、国境を越えたヒト・モノ・カネの移動を自由にするグローバリズムが席巻、その象徴が「TPP」だった。だがトランプ氏は「TPP離脱」を正式表明。これまでと180度違う価値観に基づく時代が始まったのだ。

 就任前の16日には、米紙のインタビューに、

「NATOは時代遅れ」

 と答えたトランプ氏。アメリカと世界の「同盟地図」が塗り替えられるようだが、気になるのは日本を含めた周辺国の「同盟地図」だろう。軍事ジャーナリストの潮匡人氏が解説する。

「オバマ時代はアジア重視のリバランス政策でした。未知数のトランプ氏は正反対の方向に舵を切り、日本周辺地域の安全保障を不安定にするおそれがある」

 トランプ氏のブレーンの一人、ピーター・ナヴァロ氏は対中強硬派である。その著書「米中もし戦わば」(文藝春秋)には「戦争の地政学」というサブタイトルが付けられ、防衛省現役組必読の一冊と言われている。米中緊張化で、日本に最も関係ある案件といえば「尖閣問題」。オバマ時代には中国の顔を見てきたアメリカは、日本を助けるのか。

「尖閣諸島はアメリカの国益にダイレクトに結び付かず、日米同盟を根拠にアメリカ軍が軍事的作戦行動をとるとは思えません」(前出・潮氏)

 日本は「軍事的自立」を求められる様相だが、その自衛隊の最高指揮権を持つ安倍晋三総理(62)はなぜかご機嫌なのだという。政治部記者が明かす。

「昨年11月、各国に先駆けてトランプ氏と会談しました。総理はそのままペルーで開かれたAPECに出席すると、各国首脳から『トランプ氏はどういう人物だ?』と質問攻めに。気分が乗った安倍総理は『俺ってついてるなー』と側近に笑みを浮かべたそうです」

 しかし、トランプ氏の視線は安倍総理を通り越して台湾に向いている。「台湾」こそ、米中関係の火薬庫。「パックス・チャイナ 中華帝国の野望」(講談社現代新書)の著者でジャーナリストの近藤大介氏は言う。

「1972年のニクソン大統領電撃訪中から、国交正常化まで7年もの歳月がかかったのは、『台湾をどう扱うか』の一点で、米中が合意できなかったからです。結局、台湾独立を支持せず、中国が主張する『一つの中国』を尊重する、ということで落ち着きました」

 対してトランプ氏は「一つの中国」政策の終焉を示唆。昨年12月には台湾の蔡英文総統(60)と電話会談を実現した。台湾代表が就任式に出発したことに、中国は猛反発している。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】