スポーツ

紅白での存在感はどこに?大谷翔平、WBC直前の体調不良にファンもあきれ顔

20170203ootani

 3月に行われるWBC(ワールドベースボールクラシック)に挑む“侍ジャパン”。開催のたびにメジャー選手の参戦状況などが取り沙汰されているが、今年も田中将大(ヤンキース)や前田健太(ドジャース)のメンバー入りはチーム事情や個人事情でなし。そこで、日本中がもっとも期待しているのが北海道日本ハムの“二刀流”大谷翔平だ。1次ラウンドの第1戦、3月7日の強豪キューバ戦に侍のエースとして先発するものだと多くのファンは信じきっていたが、ここにきて昨年11月の強化試合で痛めた右足首が悪化。メンバー入りも危うい事態になっているという。

「本人も周囲もWBCまでには間に合うと思っていたはず。ところが一向に復調せず、キャンプ地の米アリゾナ州ではインフルエンザらしき発熱もあるなど、まったく間に合わない状態に追い込まれました。日ハムの栗山監督も『投げるのは無理』といった発言をしたことから、おそらく投手・大谷はこの大会では見られないはず。ならば打者でどうかとまだ議論しているようですが、足首に故障を抱えているのでは“一刀流”もままなりません」(スポーツ紙記者)

 ファンも半ばあきれつつ、「大谷にしがみつきたいのは小久保監督とスポンサー」「走れない打者大谷より他の適役がいるはず」「大谷に固執する必要なし」など無理を押しての出場には否定的な声が多い。

 昨年のNHK紅白の審査員では新垣結衣の隣で存在感を見せていた大谷だが、大事な本番はどうやら落選濃厚。しっかりケガを完治させて、日本球界ラストシーズンとなるはずのペナントレースで“二刀流”復活を期待したいところだ。

(大村たけお)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!