芸能

武井咲が「国民的美少女コンテスト」時の“捏造写真”提出を自白し、ネット騒然

20170208takei

 やはり、あの時代は本人にとっても黒歴史だったのか。

 2月2日、14年以来3年ぶりの開催となる「全日本国民的美少女コンテスト」の概要説明記者会見が行われた。同会見には過去のコンテスト応募者・受賞者である武井咲、剛力彩芽、河北麻友子、吉本実憂、高橋ひかるの5人がゲスト出演し、コンテストにまつわる話題で会見を盛り上げた。

 そんな中、06年のコンテストでモデル部門賞・マルチメディア賞を獲得し芸能界入りした武井は履歴書を送る際、ちょっとした嘘をついてしまったことをカミングアウト。なんでも、ハウジングセンターのような場所に家族で遊びにいった時、その綺麗な家の玄関を借りて、いかにも自分の家のように撮影して“お嬢さま感”を演出したとのだとか。

 12歳ながらこのアイデアを思いついたという武井は「書類を見てマル、ペケをつけられると思ったから、いかにイイとこの子みたいに(映るか)。なるべくキレイに写るようにしていましたね」「その家で撮ればお金持ちに見えるんじゃないかと。ウソをついちゃいました」と、笑顔で振り返っていた。

 しかし、この告白はネット民には大不評。「12歳でこんな嘘つくとは恐ろしい」「単純にヤンキーなのを見抜かれたくなかったんだろうな」「経歴詐称に近い」など、バッシングが始まっている。

「武井は中学時代に地元の不良集団と交流があったという噂がまことしやかにネット上で広がるなど、元ヤンキーというのが定説。真偽はどうあれ、当時の写真を見ても基本的にジャージスタイルで似たような服装の女子たちとたむろしている写真ばかりですから、“お嬢さま感”は皆無でしたね。そうしたリアルな写真を送っていたら国民的美少女に選ばれる要素はゼロだったでしょうから、その“捏造”は結果的にファインプレーでしたね」(エンタメ誌ライター)

 今後、コンテストに出場するヤンキー女性たちは、こぞってこのテクを取り入れ始めるかもしれない。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
篠原涼子、「バスト揉まれまくり&舌入れキス」の衝撃映像にアクセス殺到!
5
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体