社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「環境の変化で体重が大きく増減…。急激な5キロ以上の減少は要注意を」

20170216e

 先日、移動中のタクシーの車内で、運転手さんと会話が弾みました。「ホテルを辞めてドライバーになり、3カ月たつ」そうですが、仕事が楽しくてしかたないとのこと。「座りっぱなしなので3キロ太りました」と笑っていました。

 タクシー運転手という仕事は「運転が好き」「人と接することが好き」な人には向いているとのことで、「私には合っています」と、うれしそうでした。

 また「この仕事が合う人は太りますが、合わない人は痩せるんです」とも語っていましたが、ここで問題です。

 環境の変化で、急に太るのと急に痩せるのとでは、どちらが健康面で危険でしょうか。

 まず太った場合、仕事が楽しくて居心地がよく、結果メタボになって心臓病のリスクを抱えることが懸念されます。一方、痩せた場合はストレスが原因で、忙しすぎる・気を遣いすぎるなどから胃腸の調子が悪くなり、悪くすると胃潰瘍を患ったり胃ガンを抱えるかもしれません。

 太ると脳梗塞や心筋梗塞、痩せるとガンのリスクが高まりますので、どちらも怖いのが正直なところです。

 ただし、転職直後は環境や生活習慣が変わるため、痩せるのは誰でもあること。1年2年と時間がたつにつれ痩せ細っていくようだと心配ですが、新たな環境に順応するとともに元に戻るなら正常の体重変化。正しい適応反応です。

 逆に太った人は、その先どんどん太る可能性があり、健康を害し続ける危険性がありますので「太るほうがより危険」だと思います。

 よく「ストレスから食べすぎて太った」という人がいます。これは「俺だけどうしてこんなに仕事が多いんだ」「やってもやっても終わらない」などと、不安やジレンマをごまかそうとする行為。つまり脳が感じたストレスを食べることでごまかすわけですが、こうした太り方は「ストレスが増える」「体重も増える」で、心身ともに悪影響です。

 痩せるのはある程度で止まるものの、太るのは歯止めが利かなくなる危険性すらあります。

 数字で考えると、1~2キロ痩せるのは大丈夫ですが5キロを超えると黄信号。胃潰瘍や胃ガンのリスクを心配してください。逆に太る場合5キロぐらいはザラですが、7~8キロから10キロと太るにつれて脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。

 ストレスで痩せた場合、大便の色を注視してください。胃ガンや胃潰瘍、十二指腸潰瘍になると真っ黒な便が出てきます。イカスミのようなうんちが出たら胃の病気ですので、すぐさま病院へ行くこと。これは「嘔吐して血を吐いた」「血痰が出た」と同じぐらい、怖い症状です。

 ストレスという点で考えると、神経質な人は転職後や環境の変化で痩せることが多いようです。上司や周囲との人間関係に必要以上に過敏になり、考えなくてもいいことで悩んでしまう結果、食が進まずに痩せる、というケースが見られます。人間関係という視点で考えると、自分が悩むほど相手は気にしていないことも多いので、必要以上に気を遣いすぎないことです。

 冒頭の運転手さんは、

「私は人間関係で嫌なことがあり、タクシーに転職しました。この仕事、車庫を出てしまえば一人で、ましてやお客さんは一見さんです。人間関係で悩むことはほとんどありません。普通の職場は上司に気を遣いますが、タクシー業界ですと“あのバカヤロウ”などとドライバーたちは上司の悪口で盛り上がっています」

 と笑っていました。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”