芸能

米倉涼子 離婚吹っ切れで「過激演技」もOKな挨拶回り!

20170216i

 昨年12月30日、別居から2年のドロ沼協議を経て離婚成立が明らかになった米倉涼子(41)。晴れて自由の身となった大女優は、まさに再スタートを切ろうとしていた!

 1月26日、映画「ラ・ラ・ランド」(ギャガ)のプレミアに出席した米倉が公の場に出たのは離婚発表後初。そもそも米倉の「結婚」に対する期待は、なみなみならぬものだった。

「『40歳前に子供を産みたい』と、妊活のために半年間スケジュールを空けていました。蓋を開ければ、夫がビジネスに米倉を利用することの連続で、米倉の絶望は計り知れないものだった」(芸能記者)

 ということで、会場には多くの報道陣が詰めかけるも、離婚についての質問に、無言のまま会場をあとにした米倉。だが、舞台裏では制作会社のスタッフらを前に、

「身も心も米倉涼子に戻りました!」

 と意気揚々と挨拶していたのだ。その意味を解説するのは、さる制作会社の関係者である。

「米倉は視聴者のためであれば、露出もいとわない性格。しかし、ドロ沼の離婚調停に影響を及ぼすリスクがあったので、過激な濡れ場は封印していたのです」

 いよいよ、この縛りから、そのみごとな肉体を解放する日が来たようだ。封印していたとはいえ、秋ドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)4期の打ち合わせで、スタッフから「膝上25センチ」というミニスカ着用を提示されても、

「多少スカートが短くなっても、大丈夫」

 と、答えた米倉。境界線のさらなる前進を保証するかのように米倉サイドは、

「今年は、いろいろ挑戦させていく」

 と、これまでにない“過激濡れ場”構想を明らかにし、米倉自身も、

「全開で突っ走ります!」

 と、笑顔で濡れ場志願の思いを明らかにしている。

 仕事関係の挨拶回りばかりではなく、プライベートでもご機嫌。最近では飲み会の席での、

「米倉、フリーになりました!」

 という挨拶が定番だという。

「最近、離婚協議中に支えてくれた親しい友人らと頻繁に飲み歩いているんですが、以前よりも私生活を明かすことに抵抗がなくなっています」(テレビ局局員)

 自虐話も躊躇がないようで、ある飲み会ではため息交じりに、

「私たち(芸能人)って結婚難しいんですかね‥‥」

 と、コボしつつすぐに笑顔に切り替えて、

「このままじゃ出会いないんで、皆さん結婚してくれてもいいんですよ!」

 と、ギャグをかまして席を沸かせることもあったという。仕事のほうは自虐どころか順調そのもので、現在CMオファーが相次いでいる。今は仕事が恋人で、今秋、「ドクターX」5期への出演が内定している。しかし、もう一つ「看板」に仕立てたい作品があるという。

「それは松本清張原作のシリーズです。重厚で、色気のある作品も多く、『清張=米倉』で一時代を築く覚悟のようです。その過程では、当然、大胆濡れ場に挑むことになるでしょう」(前出・制作会社関係者)

 一肌脱げば「失敗しない」こと間違いなし!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」