芸能

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<芸人のすべらない神話篇『タモリに「九州へ帰れ!」と堺正章が一喝』>

20170302t

 常に「おもろい話」を求めているせいか、芸人として生きていると、信じられない瞬間が舞い込むようである。その数々の「逸話の扉」を開けてみよう。

「おもしろくないな、とっとと九州に帰れ!」

 上京直後のタモリを一喝したのは、同じ事務所の先輩にあたる堺正章だった。もし、タモリが「巨匠」のひと言にビビってUターンしていたら、日本のバラエティ史は大きく変わっていたことになる。

 そんなタモリが今もレギュラーを続ける「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)では、レギュラーの安齋肇氏の遅刻グセが有名。2人で作品を紹介する「空耳アワー」は名物コーナーだが、ある日、「1本も作品を紹介しなかった」という伝説の回がある。

「その日も安齋さんが1時間も遅刻してきたため、収録になってもタモリさんが『これは仕事じゃないのか?』などと執拗に突っ込み、ついにはタイムアップしたという不思議な回でした」(放送作家)

 よくぞ出入り禁止にならないものだが、出禁といえば出川哲朗だ。

「ディズニーランドで立ちションしたため、2度と入れなくなった」

 そう語る口調には、ネタとしておいしいといううれしさがアリアリだ。

 さて、感動エピソードを持つのは明石家さんまで、「ファンが思いを書いた千円札を30年間持ち続けた」というもの。ある女子中学生が熱烈なさんまファンで、もしかしたら千円札に思いを書いたら、いつの日かさんまのもとに届くのではないかと‥‥。

 そしてミラクルは起こり、さんまが偶然「さんまさん、大好きです」と書かれた千円札を手にした。さらに15年には番組で対面を果たし、その札を大事に持っていたことも判明。女性が感激したことは言うまでもない。

 同じお札絡みでも、痛い目にあったのがマジック漫談のマギー司郎だ。白い紙がお札に変わるのは初歩的なマジックだが──、

「偽札を作っている男がいる!」

 客が警察に通報し、マギーは「貨幣偽造容疑」で事情聴取を受けた。もちろん、すぐに釈放はされたが、ヒヤリとした瞬間であったという。

 さて、近年は本格的なコント番組が少ないが、志村けんは「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」(86~92年、TBS系)の驚愕の制作費を明かした。

「毎週、1億円で作ってた」

 バブル時代ということを加味しても、ぜいたくな予算であったのだ。

 同じく太っ腹の恩恵にあずかったのは岡村隆史である。長らく休業していた時期があったが、復帰した時に中居正広が寿司屋に呼んでくれた。そこに用意されたのは「岡村と同じ身長のマグロが1匹」というから、どれだけの金額なのかと恐れ入る。

 一方で悲惨な貧乏時代を過ごしたのが綾小路きみまろだ。若い時はカップ麺ばかり食べており、そのため「カップ麺の悪い油で肝臓が壊れた」と告白している。稼げるようになった今は、体にいいものを選んでいるのだろうか。

 芥川賞作家の又吉直樹にとっての憧れは太宰治であるが、まさかの僥倖が舞い込んだ。上京した又吉は三鷹に住んでいたのだが──、

そのアパートはもともと太宰治の邸宅があった場所だったそうです。あとで知った又吉が感激したことは言うまでもありません」(放送作家)

 又吉はお笑い界の文学派だが、武闘派で知られるのはオール巨人である。堂々たる体躯を誇り、ついにはこんなデンジャラスな一戦も実現!

〈間寛平をあやうく絞めそうになった〉

 番組で共演した2人が飲みに出かけ、内容面でストレスがたまっていた寛平が「1発殴らせてくれ」と巨人に提案。巨人は先輩の頼みを聞き入れたが、さらに「今度はクツで殴りたい」と言った瞬間に顔色が変わったそうである。最強の称号は今も健在のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Koki、「理想の女性は母」発言で出てしまった「言わないほうがよかった」の声
2
上沼恵美子 関西テレビ界に君臨する「抹殺力」(2)「ポスト上沼」の面々は…
3
山崎アナも消えた!「好きな女子アナランキング」でかつての“王国”が崩壊?
4
女芸人が“先端”全出し?松本人志「ドキュメンタル」最新作のレビューが大荒れ!
5
欅坂46平手友梨奈“メンタル不安視”問題に秋元康がついに言及!