エンタメ

孫正義 長者日本一への⑦決断 米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術(5)

「金額は最大限に呑むが、条件は一発回答だ」米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術

 熟考と研究を重ね「ここで天下を取る」と決めたコンピュータ業界。ソフトウェア流通会社・ソフトバンクを立ち上げた次の戦略は世界進出だった。足がかりとなるのはアメリカの巨大コンピュータ関連会社の買収。何のツテもなく、大物経営者を驚かせながら鮮やかに買収を成功させていった交渉術とは──。

初対面の会長に買収宣言

1993年(平成5年)秋、ソフトバンクの孫正義は、ラスベガスで開かれている世界最大のコンピュータ関連見本市であるコムデックスの見学に出かけた。

 孫は、展示会の会場でコムデックスが売りに出されるという話を耳にしたのである。あくまでも噂にすぎない。しかし、世界に飛び出すためには、世界一の展示会であるコムデックスを手にするのがなによりも早い。

〈とりあえずは名乗り出ておこう〉

 孫は、急いでコムデックスの役員たちに会いに出かけた。

 マサチューセッツ州に本拠を持つインターフェイス・グループは、ラスベガスの有名なカジノを持つサンズホテルをはじめ、航空機部門、コムデックスなど5つの事業部門を持っていた。

 ミーティングルームに入ってきた孫の姿を見て誰もが驚いた。オープンシャツでネクタイもしていない。ズボンもカジュアルだった。本当にコムデックスを買う気があるのか、一瞬疑いたくなるほどのラフなスタイルだった。しかも、広い額からは汗が噴きこぼれている。

 孫は席に着いてハンカチで額を拭った。

 シェルドン・G・アデルソン会長は、その後ふたたび驚かされた。

「私はこのコムデックスを所有することになります」

孫がいきなり言い出したではないか。

 交渉どころか、売る側の条件や買う側の条件も話していない。買収に関しては、まだお互いの頭の中は白紙だったにもかかわらずである。

アデルソン会長が訊いた。

「十分な資金はあるのか」

 孫は、はっきりと口にした。

「まだありません」

 困惑と不安に満ちた中、アデルソン会長が訊いた。

「あなたはどうしてコムデックスを?」

「パソコン業界が好きなんです」

 その孫の一言は、役員たちにいい印象を与えた。さまざまな業種から買収の話を受けていたが、彼らはコムデックスをパソコン業界でうまく展開できる企業に渡したかった。孫ならばそれができるのではないかと思わせた。今度は孫が質問した。

「コムデックスは、どうしてラスベガス以外に出てどんどんショーをやって大きく展開しようとしないのですか」

 アデルソン会長が自信をもって答えた。

「すでに成功していて、十分な利益をあげている。これより大きくなることには関心がない」

 展示会を開けば、世界各国のビジネスマンがラスベガスに足を運んできた。わざわざ世界各国にコムデックスのほうから出向く必要はない。そう感じているようであった。

 孫は、その考え方を否定した。

「ラスベガスは、あなたがたが思っているほど大きくはない。むしろ、世界から見れば小さい。そんな所に世界中の人たちが来られるわけがないではないですか。ぼくが買えば、コムデックスを世界規模で展開していきます」

 孫は、データを片手に熱弁をふるった。

「客を待っているのではなく、こちらから攻めていって、インフラや他のサービスを提供しなければならない。そういう努力をしないのは企業ではない」

 アデルソン会長は、おもしろいことを言うやつだと言わんばかりにニヤリとした。

 孫は、一気にたたみかけた。

「そのうち金が用意できるから、人に売らないでほしい。ぼくは必ず名乗りをあげるから」

 アデルソン会長は笑みを浮かべた。「おまえの話はよくわかった。金ができたらまたおいで」

 孫は、ゆっくりと席を立った。「いずれ、買収資金を持って戻って来ます」

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ