芸能

ミスしたほうの票が多い!?「R-1」で号泣のブルゾンちえみが生んだ逆転現象

20170307_asagei_buruzon

 ピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2017」(フジテレビ系)が2月28日に放送された。今大会には過去最高の3792人がエントリーし、これまでにない激戦が繰り広げられた。

 優勝したのは、お盆1つで股を隠すギリギリ芸を披露したアキラ100%。ところが、グループステージで敗退ながらもアキラ100%よりも目立ってしまったピン芸人がいる。

「現在ブレイク中のブルゾンちえみが視聴者の視線を奪いました。ブルゾンはアキラ100%と同じCブロックに登場。今回はいつもバックにいるwith B抜きでピンの戦いでしたが、途中でネタを飛ばしてしまい流れが止まるという大失態を演じました。おかげで決勝進出者の発表時には大号泣。対応に困ったMCの雨上がり決死隊・宮迫博之も半笑いで『いろんな意味で伝説残したから!』と、フォローになっているのか否か微妙なことを言ってしまったため、さらにブルゾンの涙が加速。『悔しいです』と顔を曇らせるばかりでした」(エンタメ誌ライター)

 芸人としては痛恨のミスを犯してしまったわけだが、普段は上から目線のキャリアウーマンネタで余裕を見せるブルゾンだけに、その見慣れない姿に心を打たれた視聴者が多かったという。「それだけ真剣にやってるという証拠だね」「ブルゾンがさらに好きになった」「不覚にも可愛く思えた(笑)」「今大会で一番印象に残ったのはブルゾン」など、ファンは増量。審査員票を多く集めたアキラ100%がCブロックから決勝に進出したものの、視聴者投票ではブルゾンがアキラ100%以上に票を集めるなど、逆転現象まで起こってしまった。

 これには「そんなことできちんとした審査にならない」など冷静なコメントをする視聴者も少なくなかったが、ミスをしたブルゾンに食われてしまったアキラ100%もちょっと気の毒なだけに、今後はどちらがさらなるブレイクを果たすか、ぜひ公平に注視していきたい。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
剛力彩芽、「収入激減」報道でネット上は“ここぞとばかりの冷淡反応”だらけ!