スポーツ

天才テリー伊藤対談「蝶野正洋」(1)MCとはまさしくレフリーなんです

20170316a

●ゲスト:蝶野正洋(ちょうの・まさひろ) 1963年、アメリカ・シアトル州生まれ。84年に新日本プロレス入門、同年10月リングデビュー。海外遠征から帰国した89年10月、武藤敬司、橋本真也とともにユニット「闘魂三銃士」を結成して活躍、人気・実力を兼ね備えたメインイベンターとしての地位を確立する。96年にはハルク・ホーガン率いる「nWo」に加入、その後「nWoJAPAN」を結成して一大ムーブメントを起こす。2010年2月、デビュー以来26年間所属していた新日本プロレスを離れてフリーに。現在はリング以外にも活動の幅を広げ、今年1月より、MXテレビ「オトナの夜のワイドショー! バラいろダンディ」月~木曜のMCを担当。またAED救急救命、地域防災・活性化を啓発普及する「ニューワールドアワーズ スポーツ救命協会」代表理事も務めている。

「闘魂三銃士」でブレイク後、「黒のカリスマ」として日本のプロレスを盛り上げてきたプロレスラー・蝶野正洋。リングで多くのファンを魅了してきた男が選んだ新たな戦いの場は、なんとテレビのワイドショー。これにはビックリの天才テリー、その理由を尋ねてみると‥‥!?

テリー 観てますよ、MXテレビの「バラいろダンディ」。あの蝶野正洋が情報番組の、しかも月~木の帯のMCなんて!

蝶野 アハハハハ、ホントに。俺も想像できなかったです。

テリー もうMCになって2カ月ぐらいですね。やってみていかがですか?

蝶野 いやあ、俺なんてまだ新弟子みたいなもんですから。目の前のカンペしか見えないです(笑)。

テリー 堂々とやってるように見えるけどね。あらためて、どうしてこういうことになったんですか?

蝶野 ご存じだと思いますけど、昨年10月に前のMCだった長谷川(豊)さんがああいう形で急に降板することになりまして。

テリー ブログによけいなこと書いちゃってね。

蝶野 で、しばらくは日替わりMCみたいな形で、出演者が交代で司会を担当していたんですよ。そしたら11月末ぐらいに、プロデューサーから「本格的にMCをやってみませんか?」という話をいただいて。

テリー あららら、すごい英断だ。

蝶野 最初は出演者全員に声をかけてるんだと思って、「無理です」って断ってたんです。日替わりMCすら、かんでばっかりで、満足にやれてなかったですから。

テリー そうでしたか。

蝶野 そしたら12月の中旬ぐらいに、あらためて「やはりお願いしたい」と申し出がありまして、「そこまで言ってくれるなら、できるところまでやってみましょう」とお返事したんです。

テリー そのプロデューサーは優秀だね。きっと、「MXだから挑戦できる」ということも含めて、新鮮な蝶野さんにお願いしたんでしょうね。

蝶野 そうかもしれないですね。出演者の中で各方面に何のしがらみもないのは俺ぐらいですから。俺なら思い切ってやれる、と思ったんじゃないですかね。

テリー 実際やるにあたって、「こんなふうにやってみよう」みたいなビジョンはあったんですか?

蝶野 俺は「MCというのはレフリーだ」と思ってるんですよ。うまいレフリーって、「そこで止まれ」「よし、行け」って選手を動かすことができますから、素人同士でもプロレスをさせることができるんです。コメンテーターをいかに動かすかという意味において、そんな技量が求められているんだと思いました。

テリー あァ、うまいこと言う。まさにそのとおりだと思いますよ。

蝶野 でも、やってみたらそれどころじゃないですね。レフリーの判定で番組を動かすどころか、逆にコメンテーターの皆さんがレフリーを支えてくれてる感じです(苦笑)。皆さんが暴走した時に割って入るような力量が俺にないから。

テリー コメンテーターもカルーセル麻紀さん、板東英二さん、玉袋筋太郎さん、室井佑月さん、梅沢富美男さんと、曲者ばかりですからねェ(笑)。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!