社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「禁煙中の猛烈な食欲とどう向き合う?一時的な体重増よりも健康を優先せよ」

20170316e

「禁煙したところ、食欲が増してしまいました。夜になると食べたくなるのですが、酒でごまかそうかと思っています」

 先日、ある患者さんからこんな相談を受けました。禁煙の副作用、と言えるかもしれませんが、ここで質問です。

 禁煙中に食欲が旺盛になった場合、酒で紛らわすべきか、太るのを覚悟で食べるべきか、どちらでしょう。

 答えは食事を優先することです。なぜなら酒を飲むとタバコが吸いたくなるからです。タバコは酒とコーヒーとの相性がものすごくいいため、喫煙欲を高めます。紅茶や日本茶を飲んでも吸いたくならないのに、酒やコーヒーだと吸いたくなるのがタバコであり、1杯目は我慢できても2杯3杯と飲むうちに理性のタガが外れます。禁煙を成功させたいなら、理性を飛ばすお酒はNG。一緒に飲んだ人がタバコを吸えば、一緒にどうしても吸いたくなるでしょう。そう考えると、酒を飲んでもタバコが吸えないお寿司屋さんなどは、禁煙中の食事場所としてはベターな選択となります。

 もちろん食欲に応じて食べれば太りますが、禁煙のような「我慢行為」の場合、何か一つご褒美が必要です。そう考えると、禁煙のイライラを食事でごまかすのは正当な手段です。

 禁煙で太るのは、禁煙により舌が敏感になっておいしく感じるためです。1日40本も吸っているヘビースモーカーの場合、胃腸も悪くなり食欲も落ちます。禁煙すると胃腸の調子もよくなるので食べる量が増えるのは当然の結果です。

 太るのを気にしすぎると禁煙できませんので、最初のうちは「太ってもかまわない」と覚悟して、食べたいうちは食べましょう。そのうち太った分をダイエットすればいいのです。

 口が寂しくなるので、禁煙を成功させるには、口をごまかす食べ物も必要です。ガムや塩昆布、大きな飴など、いつまでも口の中にあるものがベター。フリスクをかまずに我慢するのもいいでしょう。

 タバコが我慢できないイコール「ニコチン中毒」です。ニコチンが欲しくてしかたがない、という中毒症状ですので、中毒治療が手っとり早い治療法となります。保険のルール上、禁煙治療では3カ月しか治療ができませんが、この3カ月の間に、イライラする症状を抑える治療法を試してみるのも手です。

 それは「チャンピックス」という飲み薬です。タバコを吸うと、脳内のニコチン受容体にニコチンが結合、快感を生じさせるドーパミンが出ますが、チャンピックスを服用して受容体に結合させると、ニコチンよりも少量のドーパミンが放出され、結果的にヤニ切れ症状を軽くさせます。

 つまり、ニコチンを先に体に入れることで、一服した時のおいしい感覚が1日続くため、タバコを吸ってもおいしいと感じなくなるのです。酒に例えれば「飲み過ぎてもう飲めない」という状況を作り出してくれるわけです。「タバコはおいしくない。私が欲しかったのはニコチンだ。ニコチン中毒だからニコチンが欲しくなくなればタバコなどやめられる」という理論を学習するわけです。

 禁煙成功後も、「1本だけ吸ってみるか」となることがあります。この1本が気がつけば10本となりますので、禁煙に成功したあともチャンピックスをいくつか持っておき、酒席の前に飲んでおくと、吸いたいという欲求を抑えられます。

 健康が維持できる、ランニングしても息が切れない、高い店と安い店の味の違いがわかる、肌が荒れなくなったなど、太るデメリット以上に禁煙のメリットは大きいのです。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
3
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
4
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
5
南明奈 「ノロケまくり交際」よゐこ・濱口にジャニーズ元カレが嫉妬?