芸能

全日本「魅惑のバストBEST100」2016‐2017(31位~40位)佐野ひなこはくびれも胸もスゴかった!

20170310_asagei_buste-2

 今年度も魅力にあふれた“乳カマー”がグラビア勢だけではなく、女優陣にも、スポーツ界にも、次々と登場した。そんな魅力的なバストを完全にランキング化する!(※このランキングは有名人を対象に、バストサイズ、カップサイズ、人気・知名度、メディア出演量、衝撃性を総合して「アサ芸シークレット」が独断で選定しました)

31位 平嶋夏海(グラビア 154センチ B88・W60・H88)

 このくらいの「ぷにぷにボディ」が、男から見たらもっとも理想的。元AKB48のメンバーとして、今年、グラビア展開は1番だった。

32位 長澤茉里奈(放課後プリンセス 153センチ B82・W52・H83)

 どの角度からも中学生にしか見えないことから「合法ロリ」の名がついた。それでも、初の写真集ではFカップを大胆にプッシュ! 昨年末でのグループ脱退は残念。

33位 佐野ひなこ(タレント 160センチ B84・W51・H87)

 芸能界でも屈指のくびれウエストを持つが、バストの豊満さも十分な武器。3年分のショットを詰め込んだ写真集は永久保存版だ。

34位 ホラン千秋(タレント 160センチ B86・W60・H89)

 芸能界で猛威を振るうハーフのタレント勢にあって、知性とさわやかさで最前線に躍り出た。ボディのメリハリも、実は高スペック。

35位 神谷えりな(仮面女子 152センチ B86・W58・H84)

 小柄でスレンダーだけど堂々のGカップ。仮面女子のスチームガールズでは2代目リーダーとしてメンバーを引っ張る頼もしき存在。

36位 原幹恵(グラビア 163センチ B94・W61・H88)

 早いものでグラビアデビューから10年を超えた。今なお毎年にようにDVDや写真集をリリースできるのは、絶大な支持層ゆえ。

37位 小嶋陽菜(AKB48 164センチ B80・W60・H86)

 AKB48きっての美の女神が、いよいよ4月にグループを卒業。もっとも、ソロ展開も積極的だったので、見納めの心配はないはず。

38位 鈴木ふみ奈(グラビア 167センチ B96・W62・H93)

 ますます冴えわたるふみ奈のハイパーボディ。Hカップの重量感はグラビア界の貴重な財産であり、撮影を楽しんでいる姿勢もマル。

39位 杉浦友紀(NHKアナ 158センチ 推定87センチ・Fカップ)

 リオ五輪の現地中継では、日本人選手の結果だけでなく、杉浦アナのパンチの効いた胸元にも視線が集中。人妻の色香プンプンだった。

40位 向井地美音(AKB48 148センチ 推定83センチ・Eカップ)

 3月発売の「翼はいらない」で初めてセンターを務め、選抜総選挙も13位と絶好調。ボリューミーな早熟バストで、表紙の機会も激増中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…