スポーツ

「春の選抜」過去2校しかない“大会連覇”に挑む奈良・智弁学園

 高校野球甲子園大会で、夏の選手権では過去6回もある大会連覇の記録が、実は春の選抜ではまだ過去2例しかないという事実をご存知だろうか。

 夏の大会連覇は第7回大会から第8回大会和歌山中(現・桐蔭)が最初で、以下、第15回大会から第16回大会の広島商、第17回大会~第19回大会にかけて史上唯一の3連覇を果たした中京商(現・中京大中京=愛知)、第25回大会~第26回大会の海草中(現・向陽=和歌山)、第29回大会~第30回大会の小倉中⇒小倉(福岡)、そして記憶に新しい第86回大会~第87回大会の駒大苫小牧(南北海道)と、6チームが達成している。

 だが、春の選抜はというと、戦前1校、戦後1校のわずか2チームしかないのだ。その1チーム目が第6回大会から第7回大会の第一神港商(現・市神港)。29年の第6回大会はのちに国鉄スワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)初代監督となる西垣徳雄がエースとして活躍、決勝で広島の広陵中(現・広陵)を3対1で降し初優勝。翌30年の大会は豪腕・岸本正治(元阪急)がエース。決勝で四国の強豪・松山商(愛媛)を6対1で圧倒して堂々の連覇を達成した。この時、岸本は全4試合すべてで2ケタ三振を奪い計54奪三振。これは73年の第45回大会で作新学院(栃木)の江川卓(元読売など)に破られるまで43年間もの間の大会記録だった。

 2チーム目は第53回大会~第54回大会のPL学園(大阪)。特に81年の第53回大会は、のちに甲子園きっての名将とよばれる中村順司監督が監督として甲子園デビューを飾った大会。エース・西川佳明(元・南海など)と3番打者でキャプテン・吉村禎章(元・読売)が投打の主軸で、印旛(現・印旛明誠=千葉)との決勝戦では0対1で負けていた9回裏に鮮やかな逆転サヨナラ勝ちを収めた。これがPL学園史上初の春選抜制覇となったのである。続く82年の第54回大会はエース・榎田健一郎(元・阪急)を軸に勝ち進み、決勝戦では二松学舎大付を15対2と圧倒。堂々の大会2連覇を達成したのである。

 そして今大会。史上3校目の春連覇を狙って智弁学園(奈良)が大会初日の第3試合に登場する。チームを牽引するのは、昨年の優勝チームでも中軸だった福元悠真、太田英毅の2人。今回、前評判は決して高くはないが、それは初優勝を果たした前回大会も同様だった。それに智弁学園にはわずかながらポジティブ要素がある。それは過去連覇を果たした2校が兵庫県と大阪府ということで、ともに近畿代表だったという一致点だ。

 奈良県の智弁学園が、PL学園以来、35年ぶり史上3校目の春連覇達成に挑む。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
3
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
4
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
5
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!