女子アナ

フジ・山崎夕貴アナの“穴トーク”にネット上で議論白熱!

 3月24日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)での山崎夕貴アナの発言が、波紋を呼んでいる。

 この日のテーマは夫婦のスキンシップ。男性視聴者から寄せられた「肩に軟膏を塗ってほしいと妻に頼んだところ断られた」というエピソードについて討論となり、「汚くない?」と拒絶反応を示した千秋に対して、MCのバナナマン・設楽統は「座薬入れてくれっていう訳じゃない」と発言。すると藤本美貴が「私は(座薬を)入れられる」と答え、カンニング竹山も「夫婦だったら入れてほしい」と意見を述べ、テーマは「座薬を入れられるかどうか」にシフトチェンジ。これに対し、眉を潜めたのが山崎夕貴アナ。「旦那さんに入れられます?」「(旦那さんでも)穴は穴ですよ」と、最後まで納得いかない様子だったのだ。

「山崎アナはシモネタにも動じず即応できることに定評があります。3月19日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、妊娠中の赤江珠緒の胸が大きくなるというエピソードに照れ笑いしてしまい、松本人志に『何でもシモネタと思いすぎ』と突っ込まれるなど、時には過剰な反応を見せるほど敏感なのです。女子アナの王道であった清純派ではありませんが、下品すぎない程度にシモネタに対応できるところが、特に芸人がMCを務める番組で重宝がられているようです。今回の『座薬を入れてあげるのは無理』という主旨の発言には、『夫婦でも見られたくない』『総スカンされるほどの意見じゃないと思う』という賛同意見と、『薄情な人』『相手がうなされていても平気なのか』などの批判意見が拮抗しています」(芸能ライター)

 山崎アナの発言がきっかけで、普段はなかなか意見交換できない恥ずかしいテーマでも、視聴者が胸襟開いて意見が飛び交う状況になっているようだ。

関連記事:フジ・山崎夕貴アナ、“妊婦”赤江珠緒の胸に過剰反応したしなめられた! http://www.asagei.com/excerpt/77544

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”