女子アナ

“バスト番長”高橋真麻の結婚が秒読み?ファンは今後の出し惜しみを警戒!?

 フリーアナウンサーの高橋真麻が3月24日放送の「千原ジュニアのヘベレケ」(東海テレビ)にて、交際中の男性に「(大安の)5月9日に結婚しよう」とのLINEを送っていたことを告白した。だが男性から返ってきた「いいよ~」みたいな返事に、「こんなぬるっと『じゃあこの辺でどう?』なんて言って結婚するものなのかな」と不満を口にしたのである。その高橋についてグラビア誌のライターが語る。

「高橋といえば女子アナ界きってのバスト番長として、根強いファンがいます。27日の『スッキリ!!』(日本テレビ系)でも胸元がGカップでは収まらなさそうなヤンチャぶりを主張しており、制作側もわざと真横から映しているのではと邪推したほど。しかし誰かの妻になってしまうと、そんなヨダレものの演出が自粛される恐れも予想されるため、ファンからはまだ結婚しないでほしいとの声が寄せられていますね」

 ただ女子アナ事情を知るウォッチャーからは、結婚でメディア出演が減る心配はご無用との声もある。テレビ誌のライターがこう説明する。

「NHKが誇るバスト番長の杉浦友紀アナは15年に局内結婚しましたが、昨年夏のリオ五輪ではたっぷりとその“ロケット”ぶりを披露していました。そもそも女子アナはダボダボの衣装を着るわけにもいかず、暴れん坊のバストを隠し通すことは不可能。しかも高橋の場合は自分のバストが武器になっていることを自覚している節もあるので、結婚はファンにとって障害になるとは思えませんね」

 むしろ高橋の場合、定期的に激ヤセとリバウンドを繰り返すことのほうが心配かもしれない。激ヤセ期には2カップは小さくなると言われているため、結婚で幸せ太りしてほしいと願うファンも少なくなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」