スポーツ

JRA「エージェント制廃止」に騎手会猛反発!(1)競馬界を激震する「改革」

「3月初め、横山典弘(49)のエージェントが登録から外れていることに気がつきました。その後、蛯名正義(48)のエージェントも同じように‥‥。何があったのかと思えば、制度廃止に向けての動きがあることがわかりました」

 競馬ライターがこう話すように、今、ある「改革」が競馬界を激震させている。騎手や調教師の間で論議を呼び、「審議ランプ」が点灯中の問題とは──。

 競馬解説者が言う。

「きっかけは、競馬ファンからJRAへかかってきた苦情の電話だったようです。例えば、ある騎手を担当するエージェント=トラックマンが紙面で、その騎手が騎乗する馬に重い印を打って、凡走することがある。それが馬券操作ではないのか、というようなものらしい。あるいはその逆で、担当騎手の馬がすごく気配がいいのに印を打たず、エージェントが自分で馬券を買って儲けることができるんじゃないか、とか。そこでJRAは、現在のエージェント制度(騎乗依頼仲介者制度)を廃止し、来年1月から新たに『騎手代理人制度』なるものを運用すべく、動きだしたのです」

 騎手本人に代わって馬主や調教師と接触し、騎乗馬の交渉、確保を行うのがエージェントで、1人のエージェントが担当できる騎手は最大で、3人+減量騎手1人。各専門紙のトラックマン、元トラックマンがそのほとんどを担っているのが現状だ。

 JRAが提唱する新制度は、「疑念払拭」のため、そうした予想行為ができる人物を排し、同時に、1人の代理人が担当できる騎手は1人だけ、というもの。

「馬券予想に関与する人がエージェントをするのはダメだというのは、心情的にはわかります。しかし、さすがに競馬の素人にやってもらうわけにもいかない。例えば、牧場のスタッフや装蹄師などになるんですかねぇ‥‥」(前出・競馬解説者)

 今年に入り、JRAは騎手会、調教師会と意見交換会を開き、エージェントに対しても、説明会が行われた。先の横山と蛯名は「そういうことなら、エージェントに頼むのをやめる」と、新制度運用開始を待たず、自分で騎乗馬探しをすることにしたという。

 こうした「改革」の提唱に、騎手会や調教師会は困惑の色を隠せない。トラックマンが言う。

「特に関西騎手会は猛反発しています。所属騎手に匿名でアンケート調査を行った結果、圧倒的に反対の声が多かった。福永祐一(40)などは『報道関係の人(トラックマン)にやってもらわないと、自分は成り立たない。独立では無理』と訴えている」

 福永の言う「独立」とは、新制度ではトラックマンに頼むことができないため、新聞社などに所属しない「フリー」の立場の人物を採用することを指している。つまり、その騎手専属として働く代理人だ。福永が訴える問題点はまず、ここにある。前出・競馬解説者が渋い表情で言う。

「エージェントの取り分はだいたい、騎手が手にする賞金の5%が相場とされています。もし1年に4000万円ほど稼ぐ騎手なら、取り分は200万円。それでは暮らしていけません。現在のエージェント=トラックマンはアルバイトとしてやっていますから、問題ないわけですが。例えば、担当騎手が落馬事故で大ケガし、半年休むことになったら、その間の生活保障はどうするのか、という問題もあるでしょう」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
2
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
3
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
4
中居正広、有名芸能リポーターが動画で明かした退所会見「とっておき裏話」
5
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!