芸能

渡辺謙「女性スキャンダル」文春砲でテレビ業界に大余震!(3)高橋克典がショックを受けている?

 最もダメージを被ったと言われるのが、ほかならぬ妻の南果歩だ。

「謙さんから直接、スキャンダルの事実を打ち明けられた際は、かなりショックを受けたようで、しばらく自分の力で立てなかったようです」(芸能記者)

 一方で、同じ事務所に所属する高橋克典(52)のオーバーすぎるリアクションも漏れ伝わってきた。

「『あの謙さんが、マジかよ‥‥』と、ガックリと肩を落としていました。今後の俳優業に支障を来さなければいいのですが‥‥」(事務所関係者)

 高橋が当事者の妻以上に落胆するのも無理はない。高橋は渡辺をリスペクトし、今年1月に行われた川村会長の誕生パーティの会場には、ピッタリ寄り添う2人の姿があった。

「高橋はまるで“用心棒”のように張りついていました。出席者の女性が記念撮影をリクエストして、謙さんがそれに応じようものなら、横から割り込んで、『謙さん、そんな写真撮らせて大丈夫なんすか』といさめていました。そうした脇の甘さを指摘し続けていただけに、高橋としても悔しい思いでいっぱいでしょう」(前出・事務所関係者)

 渡辺をCMキャラクターに起用する大手企業もビンカンに反応した。

「渡辺がCM出演するヤクルトと大和証券は、動画をHP上からすぐに削除。特に大和証券は連続ドラマ仕立てで、滝藤賢一(40)ら多くの人気俳優が共演しています。続編の放送も取りやめになると、多額の違約金が発生する可能性もあります」(広告代理店関係者)

 逆に「黙殺」の姿勢を貫くのが、渡辺が仕事の主戦場とするアメリカのマスコミだ。

「米国でも英国でもまったく報じられていません」

 こう語るのは、アメリカの興行事情に詳しい国際ジャーナリストの山田敏弘氏だ。その理由について、

「日本の週刊誌1誌だけが情報源で、不確定な要素も含まれているため、訴訟社会の米国では日本の報道をそのまま伝えることに、多少ブレーキがかかっていることもありますが、そもそも渡辺謙に、そこまでニュースバリューがないのです。すばらしい俳優だとは思いますが、映画好きには知られていても、ハリウッドのメディアが追いかけるほどのネタじゃないというのが現実です」

 海外では、まだまだ知名度が低いことが浮き彫りになった形だが、今後の展開について佐々木氏はこう話す。

「会見できちんと不貞を認めて謝罪すれば、ダメージは最小限で抑えられる。今後の仕事への影響はほとんどないでしょう」

 渡辺も一刻も早く余震を収束させたい思いだろう。

「渡辺謙がハリウッド映画にキャスティングされるのは、多くの場合、アジアまたは日本での興行を意識しているから。要はビジネスです。日本国内でイメージが悪くなり、客を呼べないならキャスティングされなくなる可能性が出てきます」(前出・山田氏)

 世界をマタにかけた「ラストサムライの不倫劇」は、どんな結末を迎えるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?